« 灼熱の干潟 | トップページ | ハリオアマツバメ(針尾雨燕)のリベンジ »

2011年9月27日 (火)

ハチクマ(八角鷹)の渡り観察

この三連休に二日間ハチクマの渡り観察に行ってきました。

初日は310羽くらい飛んでくれたのですが、なにせ双眼鏡で見ても豆粒のような高~~~いところまで上昇して、遥か彼方へ飛んでいくパターンで、ハチクマの渡りを見たぞ~~~という実感が今一つでした。

二日目も近くは通過してくれませんでしたが、前方で鷹柱をつくってくれて、ようやく渡りを見たという実感がわきました。

Imgp1937_

どこからともなくハチクマがどんどん集まってきます。

Imgp1798_

複数の鷹柱を作ってくれました。

Imgp1747_

初日より近づいてくれたとはいえ、まだまだ遠い距離です。

それでも、少しずつ寄ってきてます。

Imgp2282__2

この写真、トリミングしているのでこれくらいに見えますが、ノートリだと500mmのBORGでこの距離です・・・(^^ゞ

Imgp2282_0_2

これじゃ、なにがなんだかわからないので、これから先は、ほぼピクセル等倍までトリミングしてます。

下の写真はハチクマをハヤブサが追いかけているシーンです。

Imgp1734_

ハチクマの方が大きいのに、ハヤブサの方が強いのかな?

Imgp2308__2

ピクセル等倍にしても、鷹斑はわかるくらいには解像してますね・・・このあたりは天体望遠鏡か。

Imgp2322__2

この個体は、♂かな。

Imgp2408_

見ていると、色んな模様があって、飽きません。

Imgp2379_

この子は、蝋膜が黄色なので幼鳥みたいです。

そのうがかなり膨らんで見えますので、餌をためこんでるのかな?

Imgp2384_

結局、ハチクマは450羽くらい飛んでくれました。

同じ日に飛んでくれた、チゴハヤブサ。これもピクセル等倍・・・(T_T)

Imgp1602_

私は、ハチクマの渡り観察は今年が初めてでしたが、どこともなくハチクマがどんどん湧いてくる様は壮大なスケールを感じました。

来年も必ず見に行こうと思います。

« 灼熱の干潟 | トップページ | ハリオアマツバメ(針尾雨燕)のリベンジ »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

チゴハヤブサ」カテゴリの記事

ハチクマ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 灼熱の干潟 | トップページ | ハリオアマツバメ(針尾雨燕)のリベンジ »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31