« カラフトアオアシシギ(樺太青脚鷸)との出会い | トップページ | 電線どまりのコムクドリ(小椋鳥) »

2011年9月18日 (日)

初めてのハチクマ(八角鷹)

三連休の初日は雨・・・そして今日は曇り。

ある人から、雨の日の次の日はよく飛ぶと聞いていたので、予行演習のつもりで山へ上がりました。

ところが、待てど暮らせどハチクマどころか、トビさえ見えません。

こりゃ、今年も駄目かな・・・と帰り支度して車に乗りかけたところに、別のところにいた鳥友(すんません鳥の先生です)から、そっちの方向に飛んで行ったで~と。

ラストチャンスかなと思い、再び観察場所に上がると、本当に出ました!

Imgp7313_

実は、遠目に観察していたので、いきなり目の前に現れたのにはびっくり!

Imgp7318_

慌てて、BORGのピントを合わせて、連射。

Imgp7320_

もうちょい、プラス補正しておけば良かったが、そんな余裕はどこにもありゃしません。

Imgp7326_

なんせ、初めて見るハチクマさんですから・・・(この時は撮影が目いっぱいで、本当にハチクマなのか自信なし。)

Imgp7332_

でも、トビと違うことは一目で分かりましたよ。

Imgp7338_

嘴が黄色だったので、もしかしてサシバ?と一瞬疑いましたが、顔つきが違うので却下。

Imgp7346_

そう、顔つきは思い焦がれていたハチクマさんの顔!

Imgp7356_

後で、調べてもらったら、中間型の幼鳥とのことでした。

ああ、会えて本当に良かった~

とはいえ、朝から夕方まで居て、この一羽のみでした。

まあ、渡りのピークは来週からでしょうから、会えただけでも良し!ですね。

帰りがけに連絡くれた鳥友さん、本当にありがとうございました。






« カラフトアオアシシギ(樺太青脚鷸)との出会い | トップページ | 電線どまりのコムクドリ(小椋鳥) »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ハチクマ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

ともべいさん
初めてのハチクマよかったですね。

ハチクマの飛翔パターン、スピードそして幼鳥は蝋膜と嘴の基部の黄色と翼の先端部の黒が遠くでもよく目立ちます。

上から四枚目の縦位置画像、左の先端部分だけを上にそらし体を右に少し傾けていますね。この体制は右側への飛行と見ました(かっこいいですね)
この個体の瞳孔と虹彩が見えていますね。これも記録に留め次のステップにつなげてください。またいい出会いを祈ってます。

ハチクマはバリエ-ションが広いですよ!
色々な個体がいますから大変ではあります。
その分楽しめます。

しっかり今期色々な色合いの個体をみてください。
もう2週間は楽しめます..

ヽ(´▽`)/ w(゚o゚)w ええな~

鳥友です(笑)。今日は撮影成功おめでとうございます。ハチクマと言えば尾に二本線のある雄の成鳥が一番です。是非撮影してください!

サンカクさん、こんばんは。

昨年は振られたので、見れて良かったです。
四枚目の写真はその通りで右に旋回したものです。
「虹彩」という言葉は初めて聞いた言葉なのでワシタカ類飛翔ハンドブックを見てみました。
瞳の周りの膜のことなんですね。さらに、成鳥ならこの色で雄雌の区別もつくと書いてありました。
また、いろいろご教授下さい。

みかんさん、こんばんは。

ハチクマ、とても奥が深そうで、どっぶりハマりそうです。
しばらくは、お山に通って、数多く見るところから始めようと思います。

lamaさん、こんばんは。

いきなりの出会いでした。
目の前を旋回してくれて、とってもカッコいいハチクマさんでしたよ~

まさおぢちゃん さん、こんばんは。

いや~、ほんと助かりました。重ね重ね、お世話になりました。
なにせなんも飛ばない山の上で、一人さみしく観察していると、どうしても心が折れますゆえ、あの時の連絡だけでなく、最初のやり取りもとても参考になり、かつ心強かったです。
雄の成鳥ですか~、会ってみたいです。
とりあえず、ハチクマ(鷹)渡りのロマンを感じながら、運が良ければカッコいい飛翔を撮影したいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラフトアオアシシギ(樺太青脚鷸)との出会い | トップページ | 電線どまりのコムクドリ(小椋鳥) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31