« ハリオアマツバメ(針尾雨燕)のリベンジ | トップページ | 今年も会えたツルシギ(鶴鷸)さん »

2011年10月 1日 (土)

塒入り前のコムクドリ(小椋鳥)

夕日が沈み辺りが暗くなりかけると、ムクドリが何処ともなく集まってきます。

Imgp2532_

そこを丹念に探すと、今の時期はコムクドリが混じっていることが多いです。

Imgp2525_

コムクドリはムクドリに比べ体が小さいので、まずは小さい個体を探します。

Imgp2564_

この日は、ムクドリ全体の群れの中(何羽おるのか数えるのもしんどい・・・)に10羽くらい混じってました。

Imgp2635_

これは別の日の別の場所で、ムクドリが群れてました。

Imgp2879_

ムクドリの群れを探すのは、鳴き声(ジュルジュル)を頼りに探します。

Imgp2913_

この写真の中には、8羽のコムクドリが見えます。

ムクドリの群れからコムクドリを探すのは、一種の宝探しのようなもんで、とても楽しいのですね。


« ハリオアマツバメ(針尾雨燕)のリベンジ | トップページ | 今年も会えたツルシギ(鶴鷸)さん »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

DA★300mm」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

コムクドリ」カテゴリの記事

ムクドリ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コムク、ひょうきんな顔が大好きです。
確かに、宝探しみたいですね。
コガモの中に、シマアジ。
ヒドリガモの中に、アメリカヒドリ。
ウミウの中に、ヒメウ。
いろいろあります。

海の男さん、こんばんは。

そうですよね〜
昨年のヒドリガモのなかのアメリカヒドリ探しは苦労しました。
コガモのなかのシマアジ、雄ならええけど雌は諦めてます。f^_^;

ウォーリーを探せ!……ですねhappy01

dekochanさん、こんばんは。

数が多い時はそうでもないのですが、全体の群れで1羽、2羽となってくると、根気がいりますが、見つけた時は嬉しいですね。
コムクドリ、とっても可愛いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリオアマツバメ(針尾雨燕)のリベンジ | トップページ | 今年も会えたツルシギ(鶴鷸)さん »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31