« カワセミ(翡翠)さん | トップページ | コミミズク(小耳木菟) »

2011年11月 7日 (月)

イカルチドリ(桑鳲千鳥)

イカルチドリ探して、三千里ではありませんが、居そうなところを探鳥に行くたびに探していましたが、結局見つけることはできませんでした。

それどころか、雲台のプレートとボーグの三脚座のネジがゆるんでカメラごと落下・・・なんとも苦い思い出が残ってます。

その後、優しい鳥友から親切に教えていただいて、ようやく念願のイカルチドリに出会えることができました。(大変お世話になりました。)

Imgp1701_

イカルチドリはコチドリより一回り大きく嘴が長く、アイリングの幅が狭く色も淡いのが特徴です。

Imgp1692_

でも、単独で見ると大きさの差なんて分からないので、やはり嘴の長さとアイリングで識別するのかな。

Imgp1672_

あと、翼上面に次列風切と内側初列風切に細い白帯がありますが、飛翔シーンが見れなかったのでその確認はとれてません。

Imgp1705_

のび~~

Imgp1724_

正面顔は、どの鳥も面白いです。

Imgp1744_

生息場所は、河原でゴロ石があるようなところとありますので、その環境そのものです。

Imgp1786_

たま~に、水を飲みに川に入ります。

イカルチドリは、ここらへんは留鳥ですが、それでもなかなか目につきませんね。

ゴロ石とイカルチドリの色が似てるので、目を離すと分からなくなることも多々ありました。案外近くに居ても見つけられないだけなのかも・・・


« カワセミ(翡翠)さん | トップページ | コミミズク(小耳木菟) »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

イカルチドリ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

イカルチドリ、見られて良かったですね。
私も、最近、河原に行くことが増えたので、イカルチドリ探してます。
探すと見つからないものですね。

 イカルチドリはこちらじゃ最も普通に見られるチドリなんですけど、と思ってたんですが。土日の「副産物」ですか?

海の男さん、おはようございます。

苦節○年??、って大袈裟ですが、私にとっては、レンズとカメラの落下不始末もあったのでこのイカルチドリが見れたのはほんと嬉しかったです。
雰囲気がわかったので、また別のところでも探してみます。

南郷力丸さん、おはようございます。

この子は、地元の子ですわ。
土日・・・久々にお邪魔してました。皆さんの顔を見たくて探したのですが、お会い出来たのは6人ぐらいでした。南郷力丸さんにも会いたかったな〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カワセミ(翡翠)さん | トップページ | コミミズク(小耳木菟) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31