« 貫禄のオオセグロカモメ(大背黒鴎) | トップページ | コチョウゲンボウ(小長元坊) »

2011年12月 2日 (金)

やっと会えたカモメ(鴎)さん

先日も書きましたが、今年の一つの目標がカモメ(ただのカモメ)でした。

秋に入ったくらいから、河口に通いつづけましたが、なかなか会えず・・・

時期が早いころは、どこを見てもウミネコ、ウミネコ・・・そしてウミネコばかり。

それから少しずつユリカモメが混じりだし、セグロカモメも見れるように。

ウミネコとユリカモメは特徴あるので、カモメとは違うと判別ついてましたが、セグロカモメも個体差によって、嘴の赤斑が殆ど見えない個体もいたりします。その個体を「もしかしてカモメかも?」と、カモメ師匠にメールし、「残念ながら・・・」と返事をもらったのもついこないだの話です。

Imgp3104_

前と後に見えるセグロとは大違いなのですが、遠目で単独で見たら個体判別のときに大きさはあてになりません。

Imgp3109_


でも、嘴の長さ、顔の表情、足の色は遠目でも分かるので、今考えたらお恥ずかしいかぎり・・・(^^ゞ

カモメは中型のカモメで大きさ的にはウミネコ大です。

Imgp3277_

でも、顔はとても優しそうで嘴が短いので、直ぐに分かります。

Imgp3157__3

手前はオオセグロカモメとセグロカモメですね。

Imgp3370_

嘴の先に黒斑が残ってますので、本当は第3回冬羽?といった判別になるのでしょうが、まだまだ私には敷居が高いです。

まあ、ぼちぼちとね・・・(^^ゞ

« 貫禄のオオセグロカモメ(大背黒鴎) | トップページ | コチョウゲンボウ(小長元坊) »

125SD」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

カモメ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貫禄のオオセグロカモメ(大背黒鴎) | トップページ | コチョウゲンボウ(小長元坊) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31