« 今、河口が面白い | トップページ | やっと会えたカモメ(鴎)さん »

2011年12月 1日 (木)

貫禄のオオセグロカモメ(大背黒鴎)

先日のオオセグロカモメを中心に紹介します。

オオセグロカモメは北海道~本州北部には留鳥で冬には一部が本州中部に南下するそうですが、私が住んでいる西日本ではあまり多くは見られません。

この時期のカモメ類で言えば、一番多いのがユリカモメ、続いてウミネコ、セグロカモメ、カモメ、ズグロカモメ、最後にオオセグロカモメという順番でしょうか?

ただ、西日本でも場所によって上に書いた順番は異なってくると思います。

(まだまだ、カモメは勉強中なので識別もままならない状況ですので、間違いあれば遠慮なくコメントいただけたら幸いです。)

オオセグロカモメはセグロカモメと同様に大型カモメに分類され、セグロカモメより背中の色が濃く、ウミネコと同じぐらいの濃さということです。

また、足の色はピンク色でセグロカモメよりは濃いとのことですが、見た感じはそこまで差があるようには見えないので個体差も多いかもしれません。

まあ、ぱっと見で判断するとしたら、やはり背中の色と大きさと足の色でしょう。

Imgp2274_

また、背中の色が濃いので、飛翔した時の初列風切の先端の黒い部分がセグロカモメほど目立ちません。

Imgp2537_

観察していた時は、二羽居ると思っていましたが、下の写真を見ると上の個体も怪しいので三羽居るかもしれません。

Imgp2241_

冬羽の場合、セグロカモメと同様に頭から胸にかけて褐色斑がありますが、オオセグロカモメはセグロカモメに比べて目の周囲に集中する傾向があるようで、顔がきつく見えます。

Imgp3058_

一方セグロカモメは、顔がすっきりして見えますね。

Imgp3350_

(手前の個体の足の色が気になるな~、ホイグリン系?)

口を大開けしたまぬけ顔・・・

Imgp3009_

でもやっぱり、優雅に羽を広げた飛翔シーンがええですね~

Imgp3044_

125SDでの飛びものはまだ慣れていないので、練習あるのみ・・・(^^ゞ

Imgp2550_

水浴びシーンは羽の特徴がよくわかるので、チャンスですね。

Imgp3433_

やはりオオセグロカモメは貫禄があります。

Imgp3428_

潮が引いた時に、水浴び兼ねて河口に寄ってきてくれるので、観察のチャンスですよ!













« 今、河口が面白い | トップページ | やっと会えたカモメ(鴎)さん »

125SD」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

オオセグロカモメ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、河口が面白い | トップページ | やっと会えたカモメ(鴎)さん »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31