« ハシビロガモ(嘴広鴨)の群れ | トップページ | トモエガモ(巴鴨)とオシドリ(鴛鴦)の飛翔 »

2012年1月26日 (木)

1/1000の確率? ~ カリガネ(雁金)

マガン2600羽以上中で、3羽のカリガネが混じってるとの話は聞いてましたが、まさかほんまに会えるとは・・・(^^ゞ

この日も、現地に到着したのが10時ごろで、なかば諦めてました。それでも諦めずに探せと鳥友の先輩から励ましの電話をもらい、奮起してマガンの群れを探してました。

すると、道路脇で先着の車が・・・「そこにカリガネがいた」との話を聞いても見つけることができません。

先着の方も、ちょっと目を離しただけで見失い、双六でいう振り出しに戻るの状態に・・・

そんな中、逆光の中で、ようやくカリガネの特徴である黄色のアイリングを見つけました。

Imgp6891_

こうやって、下を向いて餌を探していると、探すのは困難を極めます。

Imgp6920_

とても、自分一人では気力が続かず、心が折れてしまいますね。

Imgp6987_

額の白い部分はカリガネの方がマガンより頭に近いところまでのびてます。

反対側に回って順光側から・・・

Imgp7032_

マガンとの違いは体が一回り小さく、頭と嘴が小さいのですが、マガンの集団の中ではみな同じように見えます。双眼鏡かスコープで一つずつ目の周りの黄色いアイリングを探していくのが確実みたいです。

Imgp7013_

カリガネの正面顔・・・

Imgp7037_

こうしてじっくり見てみると、マガンに比べて体が小さいので、とても可愛く見えますね。

励ましてくれた鳥友の先輩と先着でおられた方々に感謝です。

« ハシビロガモ(嘴広鴨)の群れ | トップページ | トモエガモ(巴鴨)とオシドリ(鴛鴦)の飛翔 »

125SD」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

カリガネ」カテゴリの記事

マガン」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

3/2600からよく見つけましたね!
カリガネは僕もまだ見た事がありません。
とてもきれいに撮られていますが、警戒されなかったんでしょうか?
僕はマガンの群れを見つけても、いつもそこそこ距離があるのに飛ばれます(^_^;)
マガンですら近くで撮れないのに、カリガネがこんなにきれいに撮れるなんてうらやましいです。。。

mitsuさん、こんばんは。

ほとんどはマガンだけの群れですから、黄色いアイリングを見つけた時は、なんとも言えない喜びを味わえますよ。
(私の場合は、運が良かっただけですから・・・)
マガン、カリガネですが、車から降りたら間違いなく飛びます。
車のスピードが速くてもビックリして飛んでしまいます。
でも、ゆっくりそろそろ近づくと、意外に近くまで寄らせてくれました。

ともべいさんって根気ありますね~
僕なら30分で心が折れてしまうでしょう(^_^;)

無理!…私には絶対無理です。
緑茶の「雁金」なら以前愛飲していましたがsmile

くれびとさん、こんばんは。

苦労するほど見つけたときの喜びは、また良いものですよ。
鳥がまったくいない山を歩くよりは、まだいいかも・・・f^_^;

dekochanさん、こんばんは。

いやいや、大丈夫ですよ。
雰囲気的には、うじゃうじゃいるヒドリガモの中からアメリカヒドリを探す感じに似てますが、それが広範囲に点在してるかんじでしょうか・・・
雁金がお茶?早速インターネットで検索・・・なるほど〜ありました。
勉強になりました。(^O^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハシビロガモ(嘴広鴨)の群れ | トップページ | トモエガモ(巴鴨)とオシドリ(鴛鴦)の飛翔 »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31