« 蝋梅とオジロビタキ(尾白鶲) | トップページ | タゲリ(田鳧) »

2012年2月21日 (火)

風格のナベコウ(鍋鸛)

昨シーズン行けなかったナベコウを見てきました。

今季は三年目の個体と幼鳥が入っているとのことで、広~~い干拓を探しまわりましたが、大きい鳥(ナベコウはコウノトリの仲間で体長は99cmもあります)なのに、なかなか見つかりません・・・

どこかに外出しているのか・・・と思ったら、ようやく見つけることができました。

左が幼鳥で右が三年目の個体です。

Imgp1506_

三年目の個体の方は、嘴と目の周りが赤く、首から頭にかけて、緑や紫の光沢のある羽になり始めています。

Imgp1406__2

生憎の曇り空でしたので、綺麗な色が出てませんが、実物はもう少し綺麗です。

Imgp1425_

これが成鳥(何年目で成鳥になるのか・・・?)になると、もっと綺麗な色になるようです。

飛びものも、ちょっとだけ・・・

Imgp1542_

こちらは幼鳥

Imgp1323_

来年もまた、このペアーが入ってきてくれないかな~

« 蝋梅とオジロビタキ(尾白鶲) | トップページ | タゲリ(田鳧) »

125SD」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ナベコウ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

前回の訪問時には各種猛禽が気になって、この子は探しきれませんでした!
・・・・ここはオオタカの餌場!とか、・・・大陸が来とる・・・かも!とか・・、あっ、ハイチュウが!とか、目の前にハヤブサ!とかで、あっという間に帰る時間となってしまいました。

katabami jiji さん、こんばんは。

大きな子ですが、干拓が広すぎますわ。
それと、一度飛んだら、遥か彼方・・・山でもひとっ飛びという感じでしたわ。
私が行った時には、チョウゲンボウ以外の猛禽は見れませんでしたが、海側には広大な葦原が広がっており、猛禽が出やすい環境でしたわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝋梅とオジロビタキ(尾白鶲) | トップページ | タゲリ(田鳧) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31