« 大雨の中のオオワシ(大鷲)さん | トップページ | とっても優雅なコハクチョウ(小白鳥) »

2012年2月 2日 (木)

Qの遠距離テスト

今週の日曜日に少し時間がとれたので、地元の波止場にとまるセグロカモメを被写体として遠距離の解像チェックをしました。

ただし、晴天で陽炎がでるような天気なので、条件的には厳しいものでした。

1.撮影条件

(1)撮影距離 : 250~280m(とまっている場所で差がでました)

(2)使用レンズ : BORG77EDⅡおよび125SD

(3)絞り : BORGなので全て開放

(4)使用カメラ : QおよびK-5(比較用)

(5)ISO : 全てISO200で撮影

(注) f' : 35mm画角換算の相当焦点距離を示す。(K-5:1.5倍、Q:5.5倍)

2.撮影結果

(1)K-5による撮影

【125SD+F4DG f'734mm/F3.9 、K-5】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp2139_125sdf4dg_

【125SD+F4DG f'734mm/F3.9 、K-5】 等倍

Imgp2139_125sdf4dg_t0

【125SD f'1125mm/F6 、K-5】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp2145_125sd_

【125SD f'1125mm/F6 、K-5】 等倍

Imgp2145_125sd_t0

【125SD+F4DG+FAF1.7× f'1247mm/F6.6 、K-5】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp2141_125sdf4dgfaf17_

【125SD+F4DG+FAF1.7× f'1247mm/F6.6 、K-5】 等倍

Imgp2141_125sdf4dgfaf17_t0

【125SD+テレコン1.4× f'1575mm/F6 、K-5】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp2155_125sd14x_

【125SD+テレコン1.4× f'1575mm/F6 、K-5】 等倍

Imgp2155_125sd14x_t0_3

(2)Qによる撮影

【125SD+F4DG f'2690mm/F3.9 、Q】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp0341_125sdf4dg_

【125SD+F4DG f'2690mm/F3.9 、Q】 等倍の1/2

Imgp0341_125sdf4dg_t0

かなり青ハロが出ています。(こんな条件では絞りが欲しい感じです)

【77EDⅡ f'2805mm/F6.6 、Q】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp0359_77ed2_

【77EDⅡ f'2805mm/F6.6 、Q】 等倍の1/2

Imgp0359_77ed2_t0

青ハロがかなり抑えられていて(UV L41フィルタの効果か?)、コントラストも125SDよりは良い感じです。

【125SD f'4125mm/F6 、Q】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp0370_125sd_

【125SD f'4125mm/F6 、Q】 等倍の1/2

Imgp0370_125sd_t0

【125SD+テレコン1.4× f'5775mm/F8.4 、Q】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp0377_125sd14x_

【125SD+テレコン1.4× f'5775mm/F8.4 、Q】 等倍の1/2

Imgp0377_125sd14x_t0

ピントがきていないか・・・

【125SD+テレコン1.4×+テレコン1.4× f'8085mm/F11.8 、Q】 ノートリミング(25%縮小)

Imgp0385_125sd14x14x_

【125SD+テレコン1.4×+テレコン1.4× f'8085mm/F11.8 、Q】 等倍の1/2

Imgp0385_125sd14x14x_t0

撮影条件は悪かったですが、感じたことは次の二つです。

① Qとの組み合わせは125SDよりは77EDⅡの方が良い

② 近距離の羽毛のチェックと同様に遠距離でも十分解像する

下の比較写真を見てください。

Q_vs_k5

私は、普段125SD+F4DG+FAF(AF仕様)/K-5で撮影していますが(今回は少々ピントが来ていませんが・・・)、これと比べても77EDⅡ/Qの方が遥かに解像するのが良くわかります。

動きがある被写体は、難しいですが止まりもので距離がある被写体にはQは有力な武器になると感じました。

« 大雨の中のオオワシ(大鷲)さん | トップページ | とっても優雅なコハクチョウ(小白鳥) »

125SD」カテゴリの記事

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

Q」カテゴリの記事

セグロカモメ」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

とても参考になる記事をありがとうございます (^-^)

くれびとさん、こんにちは。

もう少し条件の良いところでテストしたかったのですが、なかなかチャンスがありませんわ。どうしても撮影はKー5が主体になるので、Qに切り替えて撮影しようかなと思ったときは、飛ばれてしまうのが実情です・・・f^_^;
ボーグを扱う人はマニュアルでピントを合わせるのは苦にならないと思いますが、Qの場合、ボディ側にメカシャッターがないことによるコンニャク現象があるので、足回りを強固にすると同時に反応の鈍いリモコン撮影など一手間二手間かかります。
早くペンタックスがメカシャッター搭載したKQマウントアダプターを発売してくれないかな〜

ともべいさん、詳しい解説をどうもありがとうございます。かなり扱いが困難で、実戦では歩留まりが悪そうですね。
K-rでさえ扱いに四苦八苦している私にはちょっと難しそうですね。
ただでさえ小鳥が少ない状態ですから そのチャンスを逃さないように、今のところはK-rでしっかり鍛錬しまっす!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雨の中のオオワシ(大鷲)さん | トップページ | とっても優雅なコハクチョウ(小白鳥) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31