« 夏羽移行中のズグロカモメ(頭黒鴎) | トップページ | シロエリオオハム(白襟大波武) »

2012年3月11日 (日)

ヒヨドリ(鵯) ~ FAFアダプタ改造チェック

久々に近所の山に探鳥にでかけましたが、出会えたのはこの子だけ・・・

Imgp2168_

ヒヨドリさんの尾っぽのカーブは、なかなかのもんですぞ・・・(^^ゞ

【追記】

この画像、FAFアダプタ再改造のチェックをしたものです。

改造については、過去の記事を参照してもらうと出てきますが、周辺減光やら周辺解像の悪さで次第に使わなくなって、このところは標準のFAFアダプタに戻していました。

標準のFAFアダプタだと、やはり暗いところでのAFが迷ってシャッターチャンスを逃すことも出てきたので、再改造することにすることにしました。

周辺減光については、AFレンズ~カメラ側までのレンズケース内径が小さいことが原因でしたので、今回はAFレンズと同じ直径(φ25)としました。

周辺解像の悪さについては、AFレンズ~カメラ側までの距離が長いためかと考え、距離を詰めるテストを繰り返しましたが、改善しませんでした。

そこで駄目もとで、AFレンズの向きをひっくり返すと、周辺解像の改善が見られました・・・なんともはや・・・(^_^;)

下の図はAFレンズとして使用しているEdmund optics社の技術資料から拝借しております。

Eo_nt62495ink

今までは、A側をカメラ側にしていましたが、これを逆(つまりB側をカメラ側)にしただけで、改善したのです。知っている方からしたら、当たり前のことかもしれませんが、予備知識なしで、適当に組み合わせてたので・・・・(^^ゞ

撮影結果もまずまずですので、これでAFも少しは楽になりそうです。

左が改造品で右が純正。

Imgp0873_

左が改造品のレンズセル(植毛紙とケント紙だけで作ってます)で、右が標準のレンズセル。

Imgp0874__2

FAFアダプタ改造品を使うと、倍率が1.47倍となり、焦点距離も短くなりますが、その分F値が明るくなります。

【純正】

f510mm×0.66×1.7=f572mm/77mm=F7.4

【改造品】

f510mm×0.66×1.47=f495mm/77mm=F6.4

« 夏羽移行中のズグロカモメ(頭黒鴎) | トップページ | シロエリオオハム(白襟大波武) »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ヒヨドリ」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ヒヨもこんなふうに仕上げてもらえると絵になりますの~!

katabami jiji さん、こんばんは。

ヒヨの尾羽、今まで真面目に見てませんでした。
こうして見ると、美しい尾羽の持ち主だったんだと感心しましたよ。

AFアダプターまでレンズ交換して改造されたんですね!
125SDでAFとは畏れ入りました。

SUZUTAさん、ご無沙汰です。

色々試してみたのですが、周辺画像がもう一つすっきりしないので、結局もとに戻しました。
アクロマートAFも試したいのですが、探鳥が忙しく、なかなか手が出てませんわ・・・(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏羽移行中のズグロカモメ(頭黒鴎) | トップページ | シロエリオオハム(白襟大波武) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31