« やっぱり可愛いツリスガラ(吊巣雀) | トップページ | 久々のイカルチドリ(桑鳲千鳥) »

2012年3月 5日 (月)

バンディングされたオオジュリン(大寿林)

ツリスガラの葦原で良く見るのがオオジュリンですが、ひょんなことから足環を付けたオオジュリンを見つけました。

観察しているときは気付いてませんでしたが、あとからパソコンで見て気付きました。

Imgp7833_

観察している時に気づいていたら、いろんな角度から撮影していたのですが・・・トリミングしてみると、

Imgp7833_w

同じ個体を違う角度から、

Imgp7847_w

この二つから読み取れるのは、
KANKYOSHO
2AB JAPAN
4234
たぶん文字がすべて見れてないので、これだけでは素性は分からないでしょう。

バンディング調査については、山階鳥研やその他のサイトを見て少し調べてみましたが、本当に野鳥のためになっているのか、疑問を感じてます。

少なからずや小鳥に負荷を与えているのは間違いないでしょうから、その犠牲に対してどれくらい野鳥保護という点でその調査結果が還元されているのか、良く分かりませんでした。

Imgp9167_

このように感じたのは、そんなに広くないこの葦原に10羽を満たないオオジュリンが入ってますが、バンディングされた個体が少なくとも3羽以上いるのを見たからです。

今までは、そんなことを考えることすらありませんでしたので、自分にとって良い機会になったことは間違いないです。

« やっぱり可愛いツリスガラ(吊巣雀) | トップページ | 久々のイカルチドリ(桑鳲千鳥) »

125SD」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

オオジュリン」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

数年前、毎年楽しみにしていた営巣場所のブッちゃんが足環のために片足が・・・その年営巣場所まで来ていたそうですが片足では巣箱はムリじゃろ!また、別の場所では捕獲し血液を・・・DNAを!とか・・・私らにゃ~偉い方々のやること解らんで!!

野鳥さんにはがんばってもらうしかないと思います
学問とか研究とかは費用対効果云々の営業ベースではないとおもいませんか。

最近の趣味での鳥撮り人は文句が多すぎるような気がします。

katabami jiji さん、こんばんは。

そんなに酷い実態もあるんですね。
正規に調査している方々が殆どで、そのようなバンダーは少数なのでしょうが(少数と信じたいです)・・・
専門家が調査されているのなら、慣れておられるのでしょうから、片足が残るようなことはないでしょう。

2012年3月 6日 (火) 10時20分にコメント下さった方へ

私は、費用対効果ということを書いたつもりはありません。
犠牲になる小鳥のことを書いたつもりです。
今まで、バンディング調査を見たのは二度あります。一つは山にテントを張って、環境省の表示をして見るからに正規の調査と分かるものです。もうひとつは個人の方が独自で調査されている感じで、正規にやられているのかどうか、私の目では分かりませんでした。

それと、鳥の写真を趣味にされている方(私も含む)とバンディングについて考えることは一切関係ないことだと思います。
それより、趣味でバンディングされている方こそ、即刻中止すべきだと思います。

私もバンディングは反対派です。

>野鳥さんにはがんばってもらうしかないと思います
このオオジュリンの重さにすればあの足冠は負担と思います。
人間にすれば足に1Kでも良いが足冠つけて生活すればどうなるか?

結果は歴然と思います。

多分彼らは自分が何処に渡ろうがほっといてくれと言うでしょう!

またコメントされるならば通常使うHN位は公開しメ-ルなど連絡手段の無い意見は軽い物と思います。

みかんさん、こんばんは。

確かに、とうの野鳥さんにとっては、ほっといてくれでしょうね。

個人的には、世界的に希少種で、人類が手を差しのばさなければ、その種が絶滅する恐れのある種と、そうでない種とでは考えを変えてもよい気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり可愛いツリスガラ(吊巣雀) | トップページ | 久々のイカルチドリ(桑鳲千鳥) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31