« 牡蠣と干潟と地御前 | トップページ | 迫るヒクイナ(緋秧鶏) »

2012年7月26日 (木)

ブッポウソウ(仏法僧)

今年は、何かとバタバタしてたので(というか、トケン類を狙おうと成果もないのに山に通っていました)、ブッポウソウの子育て観察は、この日を入れて、二回しか行けませんでした。

Imgp9131_

朝から変な天気で、霧状の小雨が断続的に降ってましたが、親鳥はせっせと雛に餌を運んでました。

Imgp9117_

この日は、トンボを運んでいるシーンを二度見れました。

Imgp9118__2

雛は、巣箱からかなり乗り出してましたので巣立ちも近いな?と思っていたところ・・・

Imgp9114_

翌日になって無事巣立ちしたそうです。

今年も巣立ちを見ることはできませんでしたが、無事巣立ちできて良かったです。

« 牡蠣と干潟と地御前 | トップページ | 迫るヒクイナ(緋秧鶏) »

K-5」カテゴリの記事

ブッポウソウ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

ブッポウソウも、そろそろシーズンが終わりですね。
今朝、地元のブッポウソウの様子を少しだけ見てきたのですが、
ほとんどの箇所で巣立ちが完了している様子でした。
私は、あえて小雨の日にブッポウソウを撮りに行くほど、
雨がらみの日の色合いが気に入っています。
トンボを咥えているのは、やはり絵になりますね(^^)

ブッちゃんの巣立ちで思いだすのは、巣立った若ブッちゃんでも居らんかいのー?って、山道に・・・
おいおい車通れるんか?大丈夫か?ちゅーような道へ入って向きも変えれんし軽自動車の幅
いっぱいいっぱいぢゃし!
やっと何とかUターンできそうな場所が・・・谷に落ちたらマズイけー道路ばっかし見とったら・・・
そのUターンしようとした場所の5mほど上の枯れ木に・・・な、なんと!ゲッ!まさかのあの方が・・・

      ・・・長くなったけー続きはまた明日 m(__)m!

アカショウビンさん、私も雨に濡れたブッポウソウが好きです。本人たちは大変でしょうが・・・
これからは、親鳥や巣立ちした子たちが集まり、お帰りになるまでの作戦会議が見られるくらいでしょうかね?

katabamijijiさん、CMまたぎならぬ、コメントまたぎかいの〜f^_^;
ほいで、何がおったん??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牡蠣と干潟と地御前 | トップページ | 迫るヒクイナ(緋秧鶏) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31