« タマシギ(珠鷸)親子 | トップページ | 早目の到着? ユリカモメ(百合鴎) »

2012年9月18日 (火)

やつは突然降りてきた ~ イヌワシ(犬鷲)

現地上り口に到着した時点で、天候の変化がめまぐるしく頂上はガスがかかって時折雨が降る状況とのことであったが、「一度はそのフィールドを見ておきたい」との思いから、駄目もとで上がってみた。

カメラマン達のレンズ方向を見ると、ガスがかかった中からイヌワシがゆっくり出てきた。

Imgp5186_

ガスの中でも初めて見るイヌワシの雄姿に心を踊らしていた。

Imgp5198_

この時点で、続く状況を誰が予想したか・・・

Imgp5200_

そう、全てはここから始まった。

ここから、我々の前方に急降下し、いきなり目の前でホバリングを始めた。

125SD(AFテレコン付きで35mm換算焦点距離1250mm)では、全身が入らないため、テレコンを急いで外し、マニュアルで撮影。

Imgp5306_

イヌワシは常に下の方向に目を向け、獲物を確認しているかの如く、上昇気流に身を任せてタイミングを計っているようだった。

Imgp5307_

ここから、さらに急降下したが、125SDでは追い切れず・・・手持ちの短いレンズを持ってきていないことを悔やんだが、後の祭りである。

一旦、ガスの中に戻った後、また遠くの山から向かってきた。

Imgp5665_

AFは効く状況ではなかったので、殆どマニュアルで撮影を続ける。

Imgp5663_

餌場の上で、また下を見ながらホバリング・・・

Imgp5648_

Imgp5660_

すると、急降下でススキの上に。

Imgp5651_

周りのベテランバーダーに聞くと、ここらにウサギのような小動物がいるそうです。

Imgp5653_

結局、獲物は捕まえることができず、再び上空へ・・・

Imgp5659_

Imgp5654_

その後も、晴れたり雨が降ったりの繰り返しで、天候は目まぐるしく変化したが、いつしか前方に虹がかかっていた。

Imgp3147_

初めてのイヌワシとの出会いに感謝である。

【追加】

おイヌ様が目の前でホバし始めた時にテレコンを付けていたショット(ちょっとトリミングしてますが)です。

Imgp5225_

隣のベテランの方が、「猛禽はね~、フレームアウトする場合、翼が切れても嘴と爪は切れたら駄目だ。それが見えなかったら、猛禽じゃあなくなるよ」と・・・

そんな余裕は一切ありませんしぇん・・・(^^ゞ

« タマシギ(珠鷸)親子 | トップページ | 早目の到着? ユリカモメ(百合鴎) »

125SD」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

イヌワシ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

イ●●シ いいですね。
今のところ、山では、イノシシにしか出会っていないので、そのうちにぜひ出かけてみたいと思っています。

おい、コラ!コラ!

じぇんじぇん別方向に行っとるやないけー!
  ・・・しかも、スッげー羨ましい所ぢゃが!!

ともべいさん、また遠くに行かれましたね。遠路行った甲斐がありましたね。
いいチャンスにも恵まれ、すごいショットを撮影されてますね。
日頃の行いの差ですかね。
なかなかこの様なシーンには遭遇しません。
大きな足を出してホバっている写真が迫力がありすごくいいです。
もう、これで今年の運は使い果たされたようで、あとは静かにしておいてください。katabami jijiさんの血圧も上がるので・・・

おいおい (>_<)
すごいな~ 言葉もありません・・

もう遊んでやんない (^^♪

ぐふふっ!(*^-^)
ススキ絡みもええな〜
さすがにあそこの距離は300mmでは歯がたちませんでした!
次は紅葉絡みがええな〜(^^;;

近いくせにまだ見に行った事がありません^^;
行かないとダメですね・・・。
しかしすごい鳥運。
しかもきっちり撮られていて素晴らしいですね!

わたりどりさん、とても良い山ですが、天候の変化は激しいところです。
私は、京都に出向してましたので、それほど遠く感じませんでした。
季節良い時期に、是非行ってみて下さい。

katabami jijiさん、西方面で宿もとり行く気まんなんでしたが、台風接近で急遽中止。ほんじゃ~東方面ならと、前日に急遽決めました。
無欲が良かったのかもしれませんが、同行者の強運も後押ししてくれたんでしょう・・・(^^ゞ
ほんじゃが、目の前で見るおイヌ様は迫力満点じゃった。
止みつきになる訳がわかりました。

やっさんさん、初めて行って撮影できるとは思いもしませんでした。
やっさんさんのブログで読んだとおり、ドライブウエイの入り口までは良い天気でしたが、頂上付近は真っ白状態。強風が吹き荒れ、時には雨が容赦なく降るような天気。なのに、山と反対側は、日がさしているといった不思議な空間。
この強烈な上昇気流と強風が良かったのか、頻繁にホバして獲物を探してましたが、まさかカメラマン達の目の前に2羽が飛び込んでくるとは・・・
隣におられたベテランの方に聞くと、こんな事3年に一度あるかどうか、あんたら~とても運がええでと。何年か分の運を使い果たしましたわ・・・(^^ゞ
修行を積んで、またいつか出向きたいと思っちょります。

lamaさん、ほんま前日の助言どおりでした。
お世話になりました・・・(*^_^*)
こりゃ~止みつきになりますわ。

KIKOさん、お疲れ様でした。
餌場に突っ込むシーンは迫力ありますが、スピードが速いので修行を積まないと追い切れませんね。急降下は全く撮れませんでした・・・(T_T)
紅葉シーン・・・考えただけでもワクワクしますね。

mitsuさん、お久しぶりです。
日曜月曜と、mitsuさんのフィールドに出かけてました。
そちらは、とてもよいフィールドがあって羨ましいです。
また、機会を見て寄らせてもらいます・・・(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タマシギ(珠鷸)親子 | トップページ | 早目の到着? ユリカモメ(百合鴎) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31