« 優雅なセイタカシギ(背高鷸) | トップページ | メダイチドリ(目大千鳥)とムナグロ(胸黒) »

2013年4月25日 (木)

コシジロオオソリハシシギ(腰白大反嘴鷸)との偶然の出会い

蓮田のシギはちょっと休憩して、今度は毎日欠かさずチェックしている通勤途中のシギ・チドリ観察での出来事です。

いつもの河口で、オオソリハシシギの観察をしてました。

Imgp1243_

一番右の真っ赤な夏羽の個体です。

観察してた時点では、普通のオオソリハシシギと思ってました。

ところが、飛翔シーンの写真を後日現像してみると・・・なにやら腰が白い。(一番右の個体)

Imgp1772_

なんかボケとるな~、もっとバッチリ背中が写ってる写真、ないんかいの~

Imgp1771_

あかん、これもボケとる・・・(T_T)

Imgp1505_

やっぱしこれもボケとりますが、明らかに腰が白いですね~(左から二番目の個体)

Imgp1767_

結局まともにピントが来てる写真はなし・・・

Imgp1770_

背中を撮るチャンスはいくらでもありましたが、正面のアングルばかり狙ってたので、一枚もなし・・・(-_-;)

Imgp1768_

一週間もおったのに、一枚もないとは・・・まあ、こげなもんです。

ボケとるけど消さずに残しておいて、えかったです。

皆さん、オオソリハシシギに出会ったら、背中に注意しましょう!

え?何?興味ないって?やっぱし・・・(^^ゞ

【追加】

ということで、まだコシジロのコの字も意識していなかったころに撮影した同じ個体を参考までにアップしておきます。

Imgp1792__2

真っ赤な個体がコシジロオオソリハシシギです。

Imgp1773__2

背中を見ないと、普通のオオソリハシシギと見分けはつきません・・・(^^ゞ

Imgp1763_

小さいカニをパックンチョ!

Imgp1219_

この子を見るため一週間、通いました。

Imgp1794_

ほんまこの子は、ええ色しちょりましたわ。







« 優雅なセイタカシギ(背高鷸) | トップページ | メダイチドリ(目大千鳥)とムナグロ(胸黒) »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5IIs」カテゴリの記事

コシジロオオソリハシシギ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

いろいろ居るんじゃのぉ!つくづくワシらの知識の薄さを感じるわい!

ワシらじゃったら眉の白いキビタキでも『眉の部分白化じゃろ!』って
言ってしまいそうじゃのに・・・・。
・・・もっと図鑑見て勉強せにゃイケんの!じゃが最近は新しい知識が
頭ん中になんも残らんし・・・・困ったのぉ・・・。
  ・・・やっぱ一番お気楽な、ただ見て撮って喜ぶだけにしとこ!!

jijidasuさん、ただ興味があるかないか・・・それだけですよ。
見て、撮って、喜ぶ。それが一番です・・・(^O^)/

うーん、ワシなら間違いなく削除してる。。。w

だいざえもんさん、ほうじゃろ~
お宝がもしかして隠れとるかもしれんけ~、消すのはじっくり確認してからの方がええですよ・・・(^^ゞ

オオソリハシシギの腰の白いのは沢山います。
この個体はコシジロ.. とは違う感じがしますが?

この程度の白さは個体差程度と思います。
まだ他に識別点があるのでしょうか?(腰の白さ以外に)

みかんさん、どうなんでしょうね~
私レベルでは判別できないので、バードワールドに投稿してL.l.menzbieri(亜種コシジロオオソリハシシギ)と判定いただきました・・・(^^ゞ
腰が白く黒い斑があるのがシベリアのL.l.menzbieri(亜種コシジロオオソリハシシギ)、この箇所が真っ白であれば、ヨーロッパのL.l.lapponicaとのことらしいです。

本日撮影したオオソリの中に3羽白いのが居ました。
現地でかなりの目をした方に伺いましたがこの程度の個体はかなり混じって居るとの子とでした。

私も特にこれには関心がなかったのですが..

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 優雅なセイタカシギ(背高鷸) | トップページ | メダイチドリ(目大千鳥)とムナグロ(胸黒) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31