« ツバメ(燕)の鳴き声 | トップページ | 夕暮れ時のオグロシギ(尾黒鷸) »

2013年5月 7日 (火)

久々の見島探鳥

昨年は渡航一週間前に、ギックリ腰になってしまい、泣く泣くキャンセルしましたが、今年はなんとか無事行けました・・・(^^ゞ

萩港で、「おにようず」を待っている時間帯が、一番ワクワクしている気がしますね。どんな野鳥に出会えるんじゃろ?・・・ってね。

Imgp4145_

ところが、そのワクワク感も、港を出てしばらくすると吹っ飛びました・・・(-_-;)

当日の波の高さが3m・・・それでも最初は甲板に出てオオミズナギドリでもと考えていましたが、なにがなにが。当然、甲板への外出は禁止!・・・というか、危なくておちおち歩くことすらできませんでした。

トイレの近くでは、「げーげー」とむせぶような声が鳴り響いてます。ほどなくして乗組員からステンレスの容器が皆さんに配られ、まさに一触即発の状態。

港に到着した時は、体がふわふわ・・・当分頭痛がしてました。

でも、無事到着できたので、気分を変えて、探鳥に出かけました。

出会った鳥種順に紹介していきます。

一番に出迎えてくれたのは夏羽のカシラダカさん。

Imgp7118_

そして同じとろこにいた、イソシギさんです。

Imgp7154_

通勤鳥見で見慣れたチュウシャクシギも、芝生の上で見ると新鮮味があります。

Imgp7174_

そして、初見のキマユホオジロさん。

Imgp7204_

この場所には、6羽くらいいたかな~

Imgp7217_

翌日も同じ場所で出迎えてくれました。

Imgp8116_

浜の近くでは、真っ黄色なツメナガセキレイさん。

Imgp7297_

この黄色は反則ですね・・・(^^ゞ

Imgp7317_

同じところで、うろついていた、ムネアカタヒバリさん。

Imgp7343_

この子は別のところで・・・、見事な夏羽ですね。

Imgp7692_

ムネアカタヒバリは行く先々で出会えました。

Imgp7732_

そして本命のズグロチャキンチョウにも運良く出会えました。当然初見です。

Imgp7475_

数日前に探鳥された方から、話は聞いてましたが、まだ居てくれたとは感激です。

Imgp8112_

それにしても、黒、黄、茶の組み合わせがなんとも言えません。

Imgp8120_

草むらに降りて、採食・・・良いものを見せてもらいました。

Imgp8123_

道路でチョロチョロしていたコルリさん。ほどんど隠れてますわ・・・(^_^;)

Imgp8118_

そして、この景色!・・・ええな~

Imgp4147_

地元で、あまり会えなかったノビタキさんにも沢山出会えました。

Imgp7408_

偶然撮れた、飛びだしのポーズ・・・格好いいでしょ!

Imgp7411_

そして、島に行くと必ず出会えるノジコさん。

Imgp7419_

いつ見ても、ノジコは綺麗です。翌日、別のところでも・・・

Imgp8034_

カワラヒワも良いところにとまってくれました。

Imgp7403_

旅館へ帰り間際に、アトリの群れ。

Imgp0041_

そして田んぼに、コアオアシシギがぽつんと。結局、田んぼで出会ったシギはこの子とタカブシギだけ・・・寂しい結果でした。

Imgp0071_

タイワンハクセイキレイは、畑を占領するくらいいました。よく見かけるホオジロハクセキレイは、1羽見ただけでした。

Imgp7635_

ツグミに出会うと、ほっとします。

Imgp0084_

ツリスガラは、うじゃうじゃ居ましたが、草むらで採食している姿は新鮮でした。

Imgp7770_

コホウアカとも二年ぶりの再会。

Imgp7762_

別の場所でも出会えました。

Imgp8115_

Imgp7855_

シメも群れで入ってました。

Imgp8226_

そして、また素晴らしい景色・・・風も気持ちいいし、旅館で作ってもらった弁当も美味い!

Imgp4153_

初見の鳥の三つ目は、ヒメコウテンシさん。広い田んぼに二羽がチョロチョロ・・・距離が遠かったので、撮影は難しかったですが、思ったより小さかったヒメコウテンシに出会えて感激でした。

Imgp8113_

マヒワも沢山の群れで入ってました。

Imgp7821_

いつ見ても、クリクリ目が可愛い、コサメビタキさん。

Imgp8119_

帰りの航路では、遠いオオミズナギドリともチロっと出会えました。(帰りの航路は行きと違って、穏やかなものでした・・・ふ~良かった良かった)

Imgp8216_0

野影は全般的に薄かったですが、それでも初見の鳥に三種も出会え、とても楽しい探鳥でした。

現地でお会いした、ベテランのバーダー夫婦に色々ご指導いただき、大変ありがとうございました。

 

そうそう、図鑑でみても名前が特定できない子にも出会いました。

Imgp7390_

腹は黄色で脇に褐色の縦斑。眉斑はなく、頬から後頭部にかけて褐色~灰色。頭央線もちろっと見えそうな感じ。

Imgp7379_

アオジの亜種っぽい感じがしますが、ここでは亜種不明としておきます。

(2013年6月18日追記)

亜種不明とした上の個体を、山階鳥類研究所で見ていただいた結果、「画像からは下面の色彩がやや淡いこと等から、大陸産の亜種シベリアアオジ(日本鳥類目録(改訂第7版)などの分類ではこのなかにカラアオジも含まれる)の変異の範囲内との可能性もあると思われる。ただアオジは変異が多いので、日本産の亜種アオジもこういった色彩のものがいる可能性はあり、これだけでは断定はできない。捕獲すれば測定値がわずかに異なり、また尾羽の白斑の大きさも違うので検討はできる可能性もある。」とのことでした。

まあ、ここでは亜種シベリアアオジという整理としておきます。

« ツバメ(燕)の鳴き声 | トップページ | 夕暮れ時のオグロシギ(尾黒鷸) »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5IIs」カテゴリの記事

Q」カテゴリの記事

アトリ」カテゴリの記事

イソシギ」カテゴリの記事

オオミズナギドリ」カテゴリの記事

カシラダカ」カテゴリの記事

カワラヒワ」カテゴリの記事

キマユホオジロ」カテゴリの記事

コアオアシシギ」カテゴリの記事

コサメビタキ」カテゴリの記事

コホウアカ」カテゴリの記事

コルリ」カテゴリの記事

シベリアアオジ」カテゴリの記事

シメ」カテゴリの記事

ズグロチャキンチョウ」カテゴリの記事

タイワンハクセキレイ」カテゴリの記事

チュウシャクシギ」カテゴリの記事

ツグミ」カテゴリの記事

ツメナガセキレイ」カテゴリの記事

ツリスガラ」カテゴリの記事

ノジコ」カテゴリの記事

ノビタキ」カテゴリの記事

ヒメコウテンシ」カテゴリの記事

マヒワ」カテゴリの記事

ムネアカタヒバリ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おうおう、なかなか更新せんかった訳が分かったぜ!!
一大長編ものじゃったんじゃのぉ~、そりゃあ時間かかるわな!

お疲れ様でした
多分前半の期間かな?

何種類位確認できましたか?
私は後半の4日間でしたが鳥影は薄く100種には届かなかったです。
現在ではライファ-はありませんでした。

見島 いいですね。
今年は、行きたかったんですが・・・・。
ともべいさんの写真で楽しませていただきます。

jijidasuさん、鳥見は行ってて、写真も撮ってますが、最近なんかお疲れで、更新さぼり気味ですわ・・・f^_^;

みかんさん、お疲れさまでした。
2日間で42種程度でしょうかね。鳥影は薄く田んぼがやけに寂しかった気がしてますが、渡りですから、ええ時もあれば、居ない時はさっぱりということもあるでしょうね。

わたりどりさん、泊まりがけで出かけたのは今回で二度目ですが、日頃見れない鳥達の出会いもあるので、楽しめます。空気も食事も美味しいですよ。o(^-^)o

ありゃ~あ、125じゃないんか?
・・・やっぱ持って歩くことにならんか?!

jijidasuさん、125を持ち歩こうとは考えませんよ。それに125は、ただいま入院中じゃし・・・f^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツバメ(燕)の鳴き声 | トップページ | 夕暮れ時のオグロシギ(尾黒鷸) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31