« ミヤマシトド(深山鵐)との出会い | トップページ | アオバズク(青葉木菟) »

2013年6月 4日 (火)

蓮田に通って・・・

私が初めて蓮田に行ったのが、2009年11月。それから、3年半が経過しようとしてます。

蓮田へ行った回数は、73回を数えます。

Imgp6275_

(アマサギ)

月平均でみると、一月に1.7回になります。

Imgp6692_1

(トウネン)

真夏と真冬のシーズンは行かないので、春と秋のシーズンには、おそらく毎週のように行っている勘定になります・・・(^^ゞ

Imgp6766_

(ウズラシギ)

話を最初の2009年11月に戻します。

二回目にタゲリを観察しに行った時です。初めて見るタゲリは、メタル色に輝く羽に感動して何枚も撮影しました。

その中に色の違う鳥が・・・、そのころはシギ・チドリは何も分からない時期でしたが、とても綺麗な鳥でした。

Imgp3126_

(2009年11月撮影、エリマキシギ、K20D)

そう、その個体は越冬中のエリマキシギでした。

そして、女神さまに初めて出会ったのも、この日だったと記憶しております・・・(^^ゞ

ここの環境が、野鳥達にとって、そして私にとっても、なくてはならない場所になっているんだな~と、しみじみ思います。

« ミヤマシトド(深山鵐)との出会い | トップページ | アオバズク(青葉木菟) »

BORG77EDⅡ」カテゴリの記事

K-5IIs」カテゴリの記事

アマサギ」カテゴリの記事

ウズラシギ」カテゴリの記事

エリマシシギ」カテゴリの記事

トウネン」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おばんさま!
このエリマキおったねぇ~、このクチバシの黄色い子とコアオアシが
セットで2シーズン続けて居ったんじゃなかったっけ?

確かに蓮田は女神さんに見守られたええところじゃし、鳥に会えんで
もあの女神さんの笑顔が見れりゃあ・・・・
・・・これだけ言うときゃあ、ええことあろうじゃあ~?!

jijidasuさん、このエリマキシギは、私はこの時に見たきりでした。もう少し早く野鳥を始めていたらじっくり見れたと、後悔しちょります。
そして、女神さまには・・・もう十分、親切にしていただいておりますです、はい!

私がこの特徴あるエリーちゃんに最初に出会ったのは2008年5月。
その後、春は単発的に、秋から冬の間は度々…そして、2010年2月以降会えなくなりました。
2009年5月にはふんわりと夏羽っぽい姿を見せてくれたこともありました。
コアオとは2シーズン連続して越冬してくれて、仲良し2ショットは有名に?なったものです。
私はよく、寒風吹き小雪チラつく誰もいな~い蓮田に座り込んで、同じく越冬組のオジロトウネン達とセットで観ていました。
あのコ達、どこかで元気にしてるといいですね。

ともべいさんはもうすっかりシギチ通ですね!

おっ、女神様の降臨じゃ!!・・・へ、へぇ~!!

この頃の私は、蓮田で定期的に『見れるのが当たり前!』と、思って見てた時期ですから
いま思えば地味なシギでもちゃんと撮っておけばよかったと思って反省しております!

dekochanさん、おはようございます。o(^-^)o
このエリマキシギ、蓮田の居心地がよほど良かったんですね。最後が2010年2月ですか〜、どこかで無事に居てくれるといいですね。そしてその子供達がいつの日か蓮田に来てくれることを心待ちにしましょう。
「寒風吹き小雪チラつく誰もいな〜い蓮田に座り込んで、同じく越冬組のオジロトウネン達とセットで・・・」ですか・・・ロマンチックですね。これからも、よろしくです。m(__)m

jijidasuさん、撮れるときにが鉄則のようですが、目に焼き付けておくというのも、ありかと思っちょります・・・嘘、やっぱし記録に残しておきたいですよね〜f^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミヤマシトド(深山鵐)との出会い | トップページ | アオバズク(青葉木菟) »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31