« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

シロカモメ(白鷗)

ここに来たからには、この子は絶対見るぞ~と思ってましたが、最初はなかなか見つからず・・・

セグロカモメ、オオセグロカモメ、カモメ、ウミネコ、ユリカモメっといつものメンバーがぎっしり。

その中で、一際白い子がおりました。

Imgp9799_

真ん中に居る子がそうです。こりゃ~ちいと遠いですね~

実は、その前に湾内に入った魚を争奪するために直ぐ傍で浮かんでいる個体を見つけてました・・・(^_^;)

Imgp9876_

第一回冬羽でしょうかね。

Imgp9789_

羽を広げると、その白さが一段と光ります・・・

Imgp9879_

結局、この日は三羽の白カモメを確認しましたが、いずれも幼鳥さん。

次は綺麗な成鳥を見てみたいものです。

2014年1月29日 (水)

ワシカモメ(鷲鴎)

ミツユビカモメに続いては、大型のワシカモメです。

Imgp9875_

第一回冬羽かと思います。

ワシカモメらしい顔立ちですが、やはり嘴に迫力を感じますわ・・・(^^ゞ

2014年1月28日 (火)

ミツユビカモメ(三趾鷗)

中休みしたところで、また水鳥に戻ります・・・(^^ゞ

アカエリカイツブリを見つけた湾内で、ミツユビカモメも浮かんでました。

Imgp9729_

ミツユビカモメはカモメ類の中でもズグロカモメと同様に好きなカモメですわ。

Imgp9701_

できれば、飛翔してどこかにとまって、あの特徴のある短い足・・・(ん?、誰かの足に似とるかの?)を見たかったのですが、終始プカプカしてました。

2014年1月27日 (月)

イワミセキレイ(岩見鶺鴒)との出会い

水鳥が続くので、ちょっと中休み・・・

もう、一ヶ月半前のことですが、イワミセキレイとの出会いがありました。

現地の方に聞くと、キセキレイと一緒に行動してるとの話でしたが、姿を見れるのは、相方のキセキレイ、ジョウビタキ、そしてビンズイ・・・

時間ばかりが無常に過ぎて、諦めかけていた時、一瞬ながら双眼鏡で姿を確認!

しかしながら、警戒心は非常に強く、ちょっとしたことで山に逃げ込み、次に出てくるのは1時間以上と、まともに見れない状況が続き、ちょうど昼時・・・

バーダーが徐々に散らばり、人数が数人となったところに、再び発見~

Imgp5262_

短い時間でしたが、なんとか見ることができました。

Imgp5269_

初見のイワミセキレイは、思った以上に小さく、胸の白と黒の斑がとても綺麗でした。

Imgp5261_

お尻は上下でなく左右に振るそうですが、それを確認する余裕もなく、ジエンド・・・(^_^;)

Imgp5270_

逆光のアングルでしたが、一度だけノビ~をしてくれました。尾羽の枚数と白斑の様子が良く分かります。

非常に手強いイワミセキレイでしたが、会えて良かったです・・・(*^_^*)

2014年1月26日 (日)

アラナミキンクロ(荒波金黒)

更に続きます・・・

カモシリーズの本命はこの子でしたが、見えるのはビロードキンクロやクロガモばかり・・・

それでも、広い水平線が見れただけええか・・・友人は寒さが我慢できず一時退避しているなか、諦めムードが漂い始めたころ、スコープで観察していたバーダーが「おった~」と。

双眼鏡で覗いてみると、遥か彼方、ビロードキンクロの群れの中に毛色の違う個体が一羽おりました。

Imgp9307_

目一杯トリミングしてもこれくらいの距離・・・150m以上あっただろうか?

Imgp9670_

それでも少しづつ、寄ってきてくれました。

Imgp9667_

名前のとおり荒波だったので、頭が見えたりすっぽり隠れたり・・・

Imgp9668_

マニュアル撮影なんで、揺れるなか寒さで強張った指で、ピントを合わせるのがやっとこさ・・・

Imgp9666_

後ろから見ると、頭の後ろの白い斑が目立ちますね。

Imgp9658_

それにしても、ひょうきんな顔をしてます。

Imgp9657_

なかなか手ごわかったですが、見れただけでも寒さが吹っ飛びました・・・(*^_^*)

 

2014年1月25日 (土)

アカエリカイツブリ(赤襟鳰)

・・・ということで、再び水鳥に戻ってきました。

ある港の湾内で、双眼鏡で眺めていると、カンムリカイツブリより一回り小さい鳥を発見。

良く見ると、アカエリカイツブリでした。

距離があったのと、逆光気味だったので、写りは今一ですが・・・(^_^;)

Imgp9700_

 たまに渡りの時期に、城のお掘りなどに立ち寄るという話は聞いたことがありますが、普通に湾内を泳いでいるのが、なんとも所変わればと思ってしまいます。

2014年1月23日 (木)

近所のイスカ(交喙)

え~と、水鳥ばかり続くので、ちょいと中休みです。

今季は、イスカ大当たりの年ですが、近所の山にも団体さんが入ってました。

Imgp6209_

なんとま~、ここにも40~50羽くらいが来てました。

Imgp6208_

空抜けとなるのが、玉にきずですが・・・(^_^;)

2014年1月22日 (水)

ビロードキンクロ(天鵞絨金黒)

まだまだ、続きます・・・

ビロードキンクロは、地元では考えられないような数で群れてました。

短いレンズを持って行ってなかったので、全部入りきりません。

Imgp7880_

基本、遠くを泳いでますが、中には近づいてくる個体も・・・

Imgp8986_

嘴の色からすると、左が雌で右が若雄かな?若雄にしては、上嘴のコブが目立たないが・・・

Imgp8021_

やっぱし成鳥雄は迫力ある顔をしてますわ・・・(^_^;)

2014年1月21日 (火)

クロガモ(黒鴨)

続きます・・・

荒波の中、久しぶりに見たクロガモです。

Imgp9681_

この光景を見れば、この日の天気が分かるかと思います。

時折雪が降る、曇り空でしたが、それでも逆光の影響が出てるんでしょう。露出を上げてもクロガモの目は出てくれません・・・(^_^;)

Imgp9675_

雌の方は、ビロードキンクロと一緒に、ゆったり泳いでました。

Imgp9672_

同じ日、天気が回復した午後、別の場所でクロガモの雄を再び遭遇。

Imgp9933_

おる所にはおるんですね~


2014年1月20日 (月)

いきなり出てきたシノリガモ(晨鴨)

続きです。

この一枚だけですが、至近距離でシノリガモを久しぶりに見ました。

Imgp9288_

いきなり目の前に現れて、潜ったかと思ったら遥か彼方に泳いで行ってしまいました。

こんな時は、AFで撮影できてたら5枚くらいは写せたのにと、後悔したりしますが、MFならではの面白さもありますから・・・(^^ゞ

2014年1月19日 (日)

ミミカイツブリ(耳鳰)

金曜日から出張に出てました。

ということで・・・出張のついでに、水鳥ウオッチングしてきました・・・(^^ゞ

土曜日の天気はというと、雪交じりの曇天・・・強風は吹くし、外に出てるのが辛い天気でしたが、それでも愛想を振りまいてくれる鳥もいました。

Imgp9680_

初見でしたが、嘴がまっすぐだったので、ぱっと見でミミカイツブリと分かりました。

Imgp9157_

最初は遠くでぷかぷかしてましたが、どんどん寄って来て、愛想抜群でした。

Imgp9676_

ミミカイツブリといえば、夏羽の見事な飾り羽・・・チャンスがあれば見てみたいものです。

2014年1月16日 (木)

ホシムクドリ(星椋鳥)

ホシムクドリの居そうなところは、干拓というイメージがありますが、私の回りにはその干拓がとても少ないです。

なので、渡りの時期にムクドリに混じって数羽見かけるぐらいです。

でも、いるところには居るもんで、黒い集団が田んぼに降りて群がっている光景はちょっと異様な感じがします。

そんな中、一羽のムクドリが木にとまって休んでました。

Imgp6748_

↑のトリミング。残念ながら、ごちゃごちゃの木ですが・・・(^^ゞ

Imgp6749_

電線か田んぼに降りたとこぐらいしか見かけないので、木どまりのホシムクドリに出会うと、嬉しいですわ。

これから春に向かってメタル色に磨きがかかり、どんどん綺麗になっていくんでしょうね。

2014年1月15日 (水)

PK→M57ADアダプタ

今日は機材ネタです。

といっても、このアダプタは古くから販売されていて、前々から気にはなっていたのですが、値段も高く、手を出していませんでした。

私は、撮影用にもスコープ用にも同じボーグ77EDⅡを使用してますが、ボーグの欠点として接続部(M57)が硬くなったり、摩耗してガタになったりすることがあります。

ボーグの素材がアルミ合金なので、M57ねじ部が摩耗しやすいのは仕方のない話ですが、この欠点をカバーし、素早く組み換えができるようにするために、PK→M57ADアダプタを手配しました。

このアダプタを2個使うことによって、

(撮影用)

Imgp7784_

カメラ部分を外し

Imgp7786_

アイピースを取り付けると

(スコープ用)

Imgp7788_

というふうに、カメラのレンズを交換するがごとく簡単に交換でき、かつ接続部(M57)のねじを外す必要がなくなります。

Imgp7796_

さらに、上の写真のように分解してコンパクトになるので、旅行(出張など)にも便利です・・・(^^ゞ

また、普通のカメラ用レンズの後ろに、アイピースを付けると、簡易のスコープに早変わり。

Imgp7798_

↑の例ではレンズが80-200mmで、アイピースが15mmの組合せなので、倍率は5倍~13倍となります。

ただし、ピント位置の関係上、レンズとアイピース間にプリズムを入れることができないため、反転像になってしまいます。(星空なら良いのですが、地上でスコープ代りだと使いにくいですね・・・)

2014年1月14日 (火)

レンジャク(連雀)のいる光景

一ヶ月前の事ですが、この冬も沢山のレンジャクに会うことができました。

Imgp4112_

キレンジャクもヒレンジャクもウジャウジャ・・・(^_^;)

Imgp4111_

合わせると100羽くらいおったじゃろうか・・・とても画角に入りきりません。

Imgp4105_

このネトーとした特徴のある排泄物・・・失礼~

Imgp4108_

飛びものは、なかなかピント合わず。

Imgp4113_

餌はというと、赤い実や黒い実を食べてました。(下の写真は黒い実の方)

Imgp3959_

お山には、この子達にとって十分な食料がありましたが、無くなり次第、町の方に降りてくることでしょう。

来月ぐらいには近所でも見れるようになるかな・・・(*^_^*)

2014年1月11日 (土)

カンムリカイツブリ(冠鳰)

今日もガモ・・・

いつもは遠いカンムリカイツブリですが、やけに近くで愛想を振りまいてくれました。

Imgp7765_

夏羽ほど派手さはないですが、冬羽はクールでとても綺麗な印象です。

Imgp7766_

いや~美しい~と思うのは私だけじゃろか・・・(^_^;)

2014年1月 9日 (木)

ミコアイサ(巫女秋沙)

ええ~、もうちょいガモが続きます・・・(^_^;)

先日見かけたミコアイサ♂です。

Imgp7337_

少々遠く、朝方で光も今一でしたが、久々のミコアイサは眩しい純白でした。

2014年1月 8日 (水)

ナポレオンハット

え~、しばらくガモが続きます・・・(*^_^*)

ナポレオンハットといえばヨシガモ(葦鴨)ですね。

Imgp7139_

この冬も我が家の裏の浜辺には多くのヨシガモが来てくれてます。

Imgp7145_

ヨシガモはいつ見ても美しいカモですわ。

同じヨシガモでもオカヨシガモ(丘葦鴨)は、地味なカモさんです。

Imgp7147_

真ん中のオカヨシガモ♂の右後ろに居るのが♀です。

Imgp7137_

派手さはないですが、渋さがありますね~

↓は、オナガガモ(尾長鴨)とカモメ(鴎)です。

Imgp7135_

この浜はユリカモメは多いですが、カモメは少数派です。

カモとカモメ・・・、この子達の存在は大きいですわ。

2014年1月 7日 (火)

ヒドリガモ(緋鳥鴨)

我が家裏の浜辺の光景です。

沢山のヒドリガモの中から、アメリカヒドリを探しましたが、なかなか見つかりません。

Imgp7136_

この冬は、カモ達の餌となるアオサが少なく、満潮時でもあまり近くに寄ってきてくれないので、本気で探すにはスコープで一羽一羽確認する必要があります・・・(^_^;)

Imgp7140_

この愛嬌ある顔がたまりませんわ。

結局この日も探索を諦めて、浜に降りヒドリガモ達の鳴き声を聞きながら、ゆったりした時間を過ごしました。

2014年1月 6日 (月)

アトリ(花鶏)とカシラダカ(頭高)

冬の代表的な小鳥といえば、アトリでしょうか。

Imgp5757_

なんといっても群れた時の数が半端じゃあないですね~

Imgp5763_

右下に見えるのはカシラダカ。

Imgp5756_

上の写真のカシラダカのバックに見える小鳥は全てアトリです。

Imgp5758_

この冬はカシラダカの数も多い気がします。

その年々によって、個体数の増減があるのには色んな理由があるんでしょうね。

2014年1月 4日 (土)

ある雪の日のイスカ(交喙)

昨年末の雪の日に撮影していたイスカです。

雪は止んでましたが、霧(モヤ?)で風景もかすみがかかった感じに見えます・・・(^^ゞ

Imgp5964_

この時の積雪は、20cmくらいだったでしょうか・・・道路は除雪してましたが、生活道に関係ないところは長靴がないとズボッと埋まります。

Imgp6029_

相変わらずイスカの数は多かったですが、拡大してみるとベニヒワが3羽写ってましたわ。

Imgp6030_

この子達も一緒に越冬ですね。

2014年1月 3日 (金)

ビンズイ(便追)

ビンズイって、見かけるところには複数羽おるって感じですが、私の通勤路では見かけることが少ない小鳥です。

Imgp5272_

そのかわり、タヒバリはちょくちょく見ますが、タヒバリよりビンズイの方が男前?なんで好きですわ・・・(^^ゞ

ビンズイって、変わった名前だな~と思ってましたが、「ビンビン、ツイツイ」と鳴くからとのこと。囀りを知っている人理解できると本に書いてありました。一度聞いてみんといかんわ。

2014年1月 1日 (水)

初日の出

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年は、個人的には思うことあり、初日の出はここで見ると決めてました。

Imgp6887_

東方向の雲が厚かったのでどうかな~と心配してましたが、雲の上からひょっこり顔を出してくれました。

Imgp6933_

豆太の散歩がてらにいつもの土手を歩いてみると、元気にユリカモメ達が飛び回ってました。

Imgp6137_

前々から感じていたことですが、ユリカモメに「かっぱえびせん」をあげるのはいかがなものか・・・

少なくとも、私の愛犬には「かっばえびせん」は食べさせません。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31