« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

梅林のオジロビタキ(尾白鶲)

梅の花が咲く頃に、オジロビタキを見に行きました。

Imgp7319_a

現地に到着してから、カメラ(K-3)がないことに気づきました。そういえば、前の日の晩にバッテリーの残量が少なかったので、充電しながら寝たのが間違いのもと・・・(^_^;)

Imgp7311_

車の中に、予備のK-5IIsがあったから良かったものの、なかったら目でシャッターを切って帰るところでした。

Imgp7317_

この手の道具忘れは、今までもありましたから、どちらかのカメラを車の中に残しておくようにしてたのが幸いしました。

Imgp7316_

嘴の色からすると、西の方からこられたオジロビタキのようですね。

国内に入るほとんどが、そうだとネットの記事で読んだことがありますが、どうなんでしょうね。

まあ、どちらにしても、オジロビタキは可愛いです!

2014年3月29日 (土)

宮内畑口のしだれ桜

昨日、通りすがりの猫さんから満開とコメントいただいたので、さっそく見に行きました。

(コメント、ありがとうございました。)
 
天気は、朝から曇りで、午後から雨・・・桜を見るのはやはり青空でと思いますが、雨の日はそれなりに情緒がありますね。
 
Imgp9514_
(K-01、DA21mm)
 
しだれ桜は、このとおり、見事に満開でした。
 
Imgp9519_
(K-01、DA21mm)
 
花弁についた雨をマクロで・・・
 
Imgp4943_
(K-3、SP90mm)
 
よい季節になりました。

2014年3月28日 (金)

春~

今朝の散歩道~、桜の開花がかなり進んでました。

ここのところ、暖かい日が続いてるので、咲き始めると早いですね~
 
Imgp9449_
 
一方、カモ達の数はだんだん減ってます。こちらは、さみしい限りですわ・・・(^_^;)
 
Imgp9456_
 
春ですね~

2014年3月26日 (水)

シギ・チドリ渡り(種類数)の記録

いよいよ待ちに待った、シギ・チドリ達の渡りのシーズンに入りますね~

え?、待ってない?

まあまあ、待っている人もいることにしましょう。

ここのところ(広島南道路関係の工事で定点観察としてるポイントが工事完了まで立ち入り禁止となっているので)、サボってますが、2010年~2012年の間、通勤途中でシギ・チドリ類の定点観察をしていました。

観察といっても通勤途中ですから所要時間は20~30分、どの種類が何羽くらい入っているかを大まかにフィールドノートに記録する程度でした。

私は2009年6月頃から野鳥を始めたので、2010年といえばまだ一年生です。

自分の勉強の意味も含め、シギ・チドリの渡りのピークはいつ頃なんじゃろ?と思い、縦軸に「観察日」、横軸に「種類」の関係を表(グラフ)にしてました。

エクセルできっちり整理するつもりでしたが、結局は手書き・・・(^_^;)

見難いものですが、紹介します。

_

分かりにくいので、ちょっとだけ解説すると、時間は上から下、左から右に流れていきます。

横軸の種類は、観察年で記号を分けて表示し、右肩の数字はその「数」を示してます。(数は数えてないことの方が多いですが・・・)

表を色塗りしている棒グラフのようなものは、その日に観察できた「種類数」です。

渡りのピークは「種類数」でなく渡りの「数」でしょうが、あえて「種類数」で整理しました。

これを見ると、春の渡りは、4月中旬~5月初旬がピーク、秋の渡りは、だらだらと立ち上がり、9月中旬がピークであることが分かります。

(あくまでも種類数を示してるので、その時期に色んな種類のシギ・チドリ達を観察できるといったことが分かる程度です)

もっと細かく分析すれば、種類によって、渡りの時期に特徴あるとかが見えてくるのでしょうが、そこまでは整理してません・・・(^_^;)

記録を重ねていくと、ぼちぼち、キョウジョが来る頃なんだがな~とか、今年のトウネンは遅いな~とか、いつもオバシギは1~2羽しか通過しないのに、今年は14羽の群れが見れたとか・・・感じれるようになってきます。

え?、そんなめんどくさいことって・・・そうですね。

少しでも興味がある方がおられれば幸いです。とりとめのない話で失礼しました。

2014年3月25日 (火)

ウタツグミ(歌鶫)との出会い

ツグミ繋がりで・・・(^_^;)

出張のついでに、ウタツグミを見に行きました。

Imgp4007_

まだ日が差し込まない時間帯から観察してましたが、植え込みの中から、なかなか出てきません。

Imgp4006__2

しばらくすると、植え込みのなかから出てきて、木の下を掘り返してました。

Imgp4009_

手前は水仙の葉かな?

Imgp4008_

日が差し込む時間帯になると、ようやく芝生の上に・・・

Imgp3834_

昨日アップしたヤドリギツグミに似ていますが、大きさがぜんぜん違います。

Imgp3833_

ヤドリギツグミは普通のツグミより大きいですが、ウタツグミはツグミより小さいです。

Imgp3788_

この子、ほとんど地面で採食してますが、一瞬枝に上がってくれました。

Imgp3787_

嬉しい出会いに感謝です。

鳥の話はこれくらいにして、前日の夜の話です。

ホテルにチェックインして、夕食でもと一人でぶらぶら見知らぬ路地を歩いていると、偶然長崎ちゃんぽんの店を発見!

まあ、久々にちゃんぽんでも食べるかと店に入って、注文しました。すると、自分の目の前に座っていた御婦人の横顔・・・どこかで見た記憶が・・・でも、まさか、こんなところで会うはずないよな~と、運ばれてきた長崎ちゃんぽんを食べ始めました。

でも、どうしても気になるので、ちらちら、それとなしに見ていると顔がはっきり見えた瞬間、「あ!、おばちゃん!、こんなところで、何しちょるん・・・」と思わず声をかけてしまいました。やはり思ってたとおりの方でした。

偶然が重なるとは恐ろしいもので、翌日もこうして無事目的の鳥さんにも出会えた次第です。

しかし、一人で運転してこられるとは・・・いやはや元気なおばちゃんですわ・・・(^_^;)

(おばちゃんと書いて、すみません)

 

2014年3月24日 (月)

ヤドリギツグミ(宿木鶫)との出会い

もう、一ヶ月以上前のことですが、ヤドリギツグミとの出会いがありました。

Imgp0394_

昨シーズンから珍しいツグミ類が続いてますね。

ワキアカツグミ、ノハラツグミ・・・

Imgp0400_

図鑑によると、第一回冬羽とのことです。

Imgp0397_

若い個体が、渡りのルートを外れて、迷って入りこんだんでしょうかね~

Imgp0403_

しかし、この子、とにかく餌を探すため、とにかく嘴を土の中に突っ込むので、嘴はいつも泥だらけ・・・ (^_^;)

嬉しい出会いに、感謝です。

2014年3月22日 (土)

HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW 試写

(修正:一枚目の写真は、F7.1に絞ってましたので、F5.6開放の写真を追加しました。)

昨日から今日にかけて、新しいリアコンのテストをしてました。

結論から言うと、開放でも使えそうです。

蓮田でクサシギさん。

(DA AF 1.4X AW F7.1)

Imgp7525__2

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7523_

こいつは、距離12mくらいですが、開放でも良く解像してます。

(F AF1.7X F6.7開放) 比較画像のため撮影。

Imgp7522__2

同じ距離の絞り開放ですが、解像感はDA AF 1.4X AWの方がありそう。

蓮田で、タゲリさん。

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7521__2

お山で、雪の中、ホオジロさん。

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7557__2

条件の厳しい、雪の中でも問題なさそうです。

ボチボチ帰り支度のジョウビタキさん

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7892_

距離は10m弱と近いですが、開放でも良く解像しますね。

 

 

2014年3月21日 (金)

お山の天気は・・・

今日は、朝から曇り時々雨、そして、お山は雪模様。

それでも、午後からは天候が回復する予報なので、「雪がらみ」でも狙って、お山へGO~

現地に到着すると、抜けるような青空と雪化粧!

これで、小鳥でも来れば、最高・・・\(^o^)/

Imgp9166_

しばらくすると、雲が怪しくなってきて、雪もチラチラ・・・おいおい、早く、鳥さん出てきてよ・・・(^_^;)

Imgp9175_

天気はどんどん悪化して、ついに真っ白。おまけに吹雪・・・(T_T)

Imgp9241_

これじゃ~、鳥さんも出てこれんわな~

結局、ツグミとノスリを見て、ウソの鳴き声を聞いたぐらい。お山の天気は、あてになりませんわ・・・(^^ゞ

2014年3月19日 (水)

ゴジュウカラ(五十雀)

あちこちでウソ(鷽)の話が聞こえだしたので、裏山にも出とらんか、探鳥に出かけたものの・・・

相手してくれたのは、この子だけでした。

Imgp2643_

しきりに地面の降りては、餌を探してました。

Imgp2645_

なんか、丸い実のようなものを食べてる様子でしたね~

で、肝心のウソは?というと、鳴き声だけで姿見えずですわ。そういえば、イスカの鳴き声も聞きましたが、これも姿見えず・・・まあ、こげなもんです。

相手してくれて、ありがとう。

2014年3月18日 (火)

梅とメジロ(目白)

少し前のことですが、梅がらみのメジロが見たくて、ご近所を探索。

といっても、我が家周辺では梅林はなく、農家の方が栽培している梅畑があるぐらいです。

作業されている方に断りを入れて、しばし見せていただきました。

Imgp2757_

調べてみると梅の種類は沢山あるみたいで、花の色も白、ピンク、紅、それらが混じったものとありますね。

Imgp2754_

でも、メジロと一緒に見るなら、私は白い梅が好きです。

下の写真は、別の場所の河津桜(まだ蕾ですが・・・)とメジロです。

Imgp4019_

もう少し花が咲いていたら綺麗でしょうが、少なくてもそれなりに雰囲気はでます。

梅の時期が過ぎたら、次は桜でしょうか・・・(*^_^*)

2014年3月17日 (月)

野鳥図鑑

最近購入した二冊の野鳥図鑑です。

 
Imgp0218_
 
それぞれの本に特徴ありますが、珍しい鳥の写真なら真木さんの本、識別重視なら鳥くんの本でしょうかね。

2014年3月16日 (日)

オジロワシ(尾白鷲)

少し前のことですが、オジロワシとの出会いがありました。

 
大きさ及び風格は十分で、遠くから狩場である池を鋭い眼光で睨みつけている感じでした。
 
Imgp1338_
 
ミサゴが大物の魚を上げきれず、失敗したと見るや、一直線で池の上空に現れました。
 
Imgp1559_
 
ここからは、逆光ですので見にくい画像ですが、雰囲気は味わえるかと・・・
 
まず、狙いを定めて、くるりと体勢を入れ替えて、
 
Imgp1560_
 
魚が瀕死の状態で浮かんでいる場所に急降下し、その大きな両足で掴みにかかります。
 
Imgp1562_
 
魚を上手くキャッチ!
 
Imgp1564_
 
そのまま上空へ、
 
Imgp1563_
 
その後、遠くを何度か回って、消えて行きました。
 
Imgp1776__2
 
この日は天気は良く、順光側から見ると、オジロワシらしい羽色が出てくれます。
 
Imgp1774__2
 
とても大きくて、迫力満点ですが、自力での狩りは下手のようでした・・・(^_^;)

2014年3月15日 (土)

HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW

ペンタックスでは、AFが効く初めてのテレコン(リアコン)です。

 
ちょっと様子見してから、買おうかと思ってましたが、結局我慢できずにポチリました・・・(^_^;)
 
Imgp8980_
 
DA★300mmと組み合わせると
 
Imgp8982_
 
大きさはほとんど気になりません。
300mm×1.4=420mmで、マスターレンズの開放F4だから一段暗くなってF5.6
カメラ側に情報が反映されるのがペンタ使いにとっては嬉しいですね~
 
Imgp8985_
 
さて、写りは?
テレコンなしノートリ。(F4開放)
 
Imgp4294_
 
テレコンありノートリ(F5.6開放)
 
Imgp4295_
 
テレコンありノートリ(F5.6開放)
 
Imgp4296_t
 
↑の写真の等倍トリミング
 
Imgp4296_
 
絞り開放は、ちょっとポヤんとしますが、被写体によっては気になりません。
気になる場合は、1/3~2/3絞りほど絞ってやれば、シャキっとします。
 
AF速度は、こんなもんでしょう~もともとDA★300mmは素の状態で遅いですから。
 
まあ、ペンタ使いにとってはAFができるテレコンというだけで感動ですわ・・・(^_^;)

2014年3月13日 (木)

夏羽のカンムリカイツブリ(冠鳰)

カンムリカイツブリって、家の前の海辺でも、見れる鳥さんですが、そういえば夏羽の姿を見た記憶がありませんでした。

Imgp3981_
 
どちらかというと白を基調とした清楚な冬羽の方が好きですが、こうして目の前でみると派手な夏羽も綺麗ですわ。
 
Imgp3978_
 
面白い格好ですが、高速で移動中です・・・(^_^;)
 
Imgp3979_
 
ほぼ夏羽に換羽完了でしょうか。

2014年3月12日 (水)

キセキレイ(黄鶺鴒)

キセキレイが、良いところに出てきてくれたので、久々にシャッターを押しました。

Imgp4003_
 
黄色が鮮やかで、とても綺麗な小鳥ですね。
 
もう少しローアングルで撮ってあげると、背景もボケてくれてたのですが、後の祭りです・・・(^_^;)

2014年3月11日 (火)

ある夜明け前の光景

ある日の探鳥地に向かう途中で見かけた、夜明け前の光景です。

 
Imgp8691_
 
こんな光景を見たら、探鳥地への「はやる気持ち」を抑えてでも車を止めて、撮影したくなります。
 
光と影・・・風景も時間とともに刻々と変化するので、一瞬を切り取ろうと気合を入れますが、まだまだ修行が足りません。

2014年3月10日 (月)

アメリカウズラシギ(アメリカ鶉鷸)

少し前にアメリカウズラシギとの出会いがありました。

Imgp0941_

ウズラシギとの違いは胸の縦斑が白い腹と明瞭に区切られるとのことですが、嘴がウズラシギより長めという違いも大きなポイントですね。

Imgp1168_

良く見ると、羽縁が目立ちますので、第一回冬羽でしょうか。

Imgp1167_

シギ・チドリの見返り立ち姿は、大好きなアングルです・・・(*^_^*)

2014年3月 9日 (日)

春の渡り ~ ホウロクシギ(焙烙鷸)

今朝の散歩で、何やら怪しい鳥影を見たので、散歩が終わった後、家の前の浜辺に偵察に・・・

双眼鏡で覗くと、やはりホウロクシギでした。

Imgp4209_

浜ではカラスも降りてましたが、こうして大きさを比べてみると、カラスって大きい野鳥なんだな~とつくづく思います。

Imgp4216_

寒い日が続いたり、暖かくなったりの繰り返しですが、シギ・チドリの春の渡りが始まったんですね。

Imgp4109_

ボーグ77EDⅡを三脚ごと抱えて、飛びものを・・・

Imgp4213_

これから、浜辺や河口、蓮田と、忙しくなりそうです。

2014年3月 5日 (水)

オジロトウネン(尾白当年)

久々にオジロトウネンに遊んでもらいました。

最初は遠くで戯れてましたが、車の中から見ていると、どんどんこちらに向かってきます・・・

Imgp1152_

ついに、77EDⅡではピントが合わない位置まで寄ってきました。

Imgp1154_

おいおい、そこまで近づかんでもえかろうに・・・

でも、オジロトウネンはやっぱし、可愛いわ~

2014年3月 3日 (月)

夏羽に衣替えしたズグロカモメ(頭黒鴎)

先日の探鳥会の時は、半黒といったところでしたが、今日は頭黒らしく真っ黒な頭になってました。

Imgp2874__2

潮がひいている時は、遠くにとまるので、300mmではちとしんどいので、飛翔をひたすら狙います。

Imgp2873_

ズグロカモメは、ユリカモメより早く帰ります。

真っ黒に換羽したので、ボチボチ帰る頃でしょうかね。

2014年3月 2日 (日)

荒波が似合うシノリガモ(晨鴨)

日本海は、瀬戸内と違って、波が高く、日が当たるととても綺麗~

となりの浜ではサーファー達が、波乗りを楽しむ。
 
そんな中、シノリガモの群れを見つけました。
 
Imgp2182_
 
荒波が来ても、シノリガモはヘッチャラです。
 
波が来る前にもぐったり、波に乗ったり・・・
 
Imgp2171_
 
下の写真は、波に向かって、足ヒレで力強く上がっていく様子です。
 
Imgp2165_
 
野鳥写真掲示板でお世話になっているモアイさんが「波待ちをしているサーファーみたい」と表現されてましたが、ほんとサーフボードに体をあずけて、波に乗っていくサーファーのように見えますね。
 
Imgp1791_
 
シノリガモはほんと荒波が似合います。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31