« ウタツグミ(歌鶫)との出会い | トップページ | 春~ »

2014年3月26日 (水)

シギ・チドリ渡り(種類数)の記録

いよいよ待ちに待った、シギ・チドリ達の渡りのシーズンに入りますね~

え?、待ってない?

まあまあ、待っている人もいることにしましょう。

ここのところ(広島南道路関係の工事で定点観察としてるポイントが工事完了まで立ち入り禁止となっているので)、サボってますが、2010年~2012年の間、通勤途中でシギ・チドリ類の定点観察をしていました。

観察といっても通勤途中ですから所要時間は20~30分、どの種類が何羽くらい入っているかを大まかにフィールドノートに記録する程度でした。

私は2009年6月頃から野鳥を始めたので、2010年といえばまだ一年生です。

自分の勉強の意味も含め、シギ・チドリの渡りのピークはいつ頃なんじゃろ?と思い、縦軸に「観察日」、横軸に「種類」の関係を表(グラフ)にしてました。

エクセルできっちり整理するつもりでしたが、結局は手書き・・・(^_^;)

見難いものですが、紹介します。

_

分かりにくいので、ちょっとだけ解説すると、時間は上から下、左から右に流れていきます。

横軸の種類は、観察年で記号を分けて表示し、右肩の数字はその「数」を示してます。(数は数えてないことの方が多いですが・・・)

表を色塗りしている棒グラフのようなものは、その日に観察できた「種類数」です。

渡りのピークは「種類数」でなく渡りの「数」でしょうが、あえて「種類数」で整理しました。

これを見ると、春の渡りは、4月中旬~5月初旬がピーク、秋の渡りは、だらだらと立ち上がり、9月中旬がピークであることが分かります。

(あくまでも種類数を示してるので、その時期に色んな種類のシギ・チドリ達を観察できるといったことが分かる程度です)

もっと細かく分析すれば、種類によって、渡りの時期に特徴あるとかが見えてくるのでしょうが、そこまでは整理してません・・・(^_^;)

記録を重ねていくと、ぼちぼち、キョウジョが来る頃なんだがな~とか、今年のトウネンは遅いな~とか、いつもオバシギは1~2羽しか通過しないのに、今年は14羽の群れが見れたとか・・・感じれるようになってきます。

え?、そんなめんどくさいことって・・・そうですね。

少しでも興味がある方がおられれば幸いです。とりとめのない話で失礼しました。

« ウタツグミ(歌鶫)との出会い | トップページ | 春~ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

えっ、待ってない? ⇒ うん、そんなに待ってない!

 こんばんは。

渡りの時期、大まかに観察している者から見れば、頭が下がります。
いつも「フィールドノート」書きなさいよ、と、言われているのに…
画像ファイルを見ればわかるじゃーん、なんて手抜きしております。

 最近、「これはいかん」と考えるようになって「ノート」だけは準備しておりますが…
しかし、終認係りとしてチフちゃん抜けなければ動きが取れません。(笑
ただ今、換羽中です。

年中大まかで、記録もしていなければ、画像も頼りにならず…
強いて言えば、大物が出たときはお仲間とのメールのやりとりが残っているので、それを遡ってみれば…
こんなだからいつまでも万年初心者バーダーのまま!
以前は小さなスケジュール帳(短い日記が書ける程度の)に種類のみ書き込んでいましたが、それもしなくなってしまった・・・

だいたい、昔から数字を見ると頭が痛くなるか眠くなるかだからなぁ~

jijidasuさん、…やっぱし~(^_^;)

まっちゃんさん、大ベテランの方に云々というつもりは毛頭ありません…(^_^;)
ちふちゃん、換羽始めましたか~無事旅立つことを願ってます♪

dekochanさんのフィールドは定点観察にはもってこいのところですね。
記録を地道に10年、20年と、つけていくと面白いかと…というのは簡単ですけど大変ですよね~(^_^;)

早く大きいチドリを出して下さいな^^;

KIKOさん、大きいチドリは、我が通勤コースの河口には……(≧∇≦)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウタツグミ(歌鶫)との出会い | トップページ | 春~ »

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31