オオルリ

2014年5月 4日 (日)

見島探鳥

4月29日~5月1日にかけて、一年ぶりの見島探鳥に出かけました。

三日間の天気は、

初日は、午前中雨でしたが、昼過ぎから曇り。二日目も朝から雨でしたが、午後になって曇り晴れ。最終日は、快晴!と、見島にしてはそこそこの天気でした。

前日はかなり雨が降ったと聞いてましたので、初日の雨上がりに期待しましたが、肝心の鳥影は薄く、全般的に渡りが遅れているのかな~という感想です。

とはいえ、見島で見れた鳥達を紹介します。

「おにようず」が港に入ってくると、いやが上にも、気持ちが高ぶってきます・・・(^^ゞ

Imgp9797_

昨年の見島航路は、とにかく揺れたので、今日はどうかな?と、少々心配しましたが、行きも帰りも、甲板に上がれる状態でしたので、楽勝でした!

到着して直ぐに見に行ったのは、アカガシラサギ。

Imgp9372_

夏羽になりかけという感じでしょうか・・・

Imgp9379_

山と田んぼを行ったり来たり。

前日まで、こやつとキガシラセキレイで盛り上がっていたらしいのですが、キガシラセキレイは残念ながら、抜けてしまってたようです。

その変わりといっては失礼ですが、マミジロツメナガセキレイは、二カ所で見れました。

Imgp0028_

お馴染みのホオジロハクセキレイと、

Imgp0144_

タイワンハクセキレイは常連さんですね。

Imgp0147_

そして、あちこちで見かけるノジコ。

Imgp0377_

今年は、とにかくノジコの数が多かったですわ。

Imgp0291_

シギ・チドリ類は?というと、寂しい限り。

見れたのは、アオアシシギ、コアオアシシギ、タカブシギ、ムナグロぐらいでした。

Imgp0029_

やはり、ここでもシギ・チドリの渡りが遅れていると感じました。

その変わり、ビンズイはノジコと同様にあちこちで出没。

Imgp0024_

見るたびに、背中の色は?眉斑は?・・・と西のお方を探しましたが、そうそう会えませんよね。

普通のタヒバリよりビンズイの方が多かったですわ。

Imgp0022_

毎年楽しみにしているムネアカタヒバリは3羽確認。

Imgp0016_

アマサギもよく見かけましたが、見島牛とのコラボはなし・・・(^^ゞ

Imgp0101_

と、ここまで見てきて、思ったことは、ホオジロ類の小鳥がじぇんじぇんおらんことです。

ようやく姿が確認できたのは、二日目の4月30日になってからのこと。

コホウアカと、カシラダカを確認。

Imgp0021_

キマユホオジロは、今年も多く、全部で6羽を確認。

Imgp9887_

よ~し、シロハラホオジロを見つけるぞ~と気合いを入れましたが、最後まで出会いはなし・・・(T_T)

ツグミ類はまずまずかな?

上の子は、腹は見せてませんがアカハラでしょう。下の子はカラアカハラの雌のようです。

Imgp0020_

そうそう、シベリアアオジの♂にも出会えました。今回はじっくり見れましたので、これで判別に迷うこともなくなるでしょう。

Imgp0012_

ただ、最後までスッキリとしたところには出てきてくれませんでした。

スリーショットは、左がキマユホオジロ、真ん中はノジコ、そして右がシベリアアオジですわ。

Imgp0136_

こちらは、美しい鳴き声を聞かせてくれたアオジです。

Imgp0494_

キビタキ、オオルリ、ムシクイといった夏鳥はそこらじゅうで見かけました。

キビタキ雄に出会うたびに、眉の白い子を探しましたが、出会えることができず・・・(T_T)

Imgp0942_

上の写真、手持ちのサンヨンに1.4リアコン(換算630mm)ですが、暗かったのでシャッター速度1/60。ペンタのボディー内手ぶれ補正も中々やりますね。

ロープの上から虫をしきりにフライングキャッチしていたキビタキ雌。

Imgp0425_

オオルリは、いつ見ても美しいブルーです。

Imgp0945__2

オオルリ雌も沢山いました。

Imgp0507_

ムシクイは相変わらず判別できず・・・

Imgp0558_

でも、この子はセンダイムシクイでした。

Imgp0544_

エゾムシクイは鳴き声だけ。

コサメビタキは、いつ会ってもクリクリ目で可愛いです。

Imgp0636_

ノビタキの数が少なかったのも気になりましたね~

Imgp9430_

早々と渡ってしまったのでしょうね。

Imgp9431_

コムクドリは30羽くらいの群れで確認。

Imgp9684_

アトリはすっかり夏羽。

Imgp0702_

この体格の良い子は雌ですね・・・

Imgp0011_

そうそう、初日にオジロワシが入っているようだとの話を聞いてましたが、出会えたのは最終日。

大きなオジロワシですが、トビにいじめられて、かわいそうでした。

Imgp1117_

Imgp1127_

このオジロワシ(第二回か第三回冬羽)、羽がボロボロですね・・・

その他の猛禽は、サシバとノスリ、そしてハヤブサくらいでした。写真はノスリです。

Imgp0946_

天気は最高でしたが、鳥さんは?というと・・・(^_^;)

三日間で見れた鳥種は52種と少々さびしい結果となりました。

鳥さんが居ない時に慰めてくれるイソヒヨドリさん・・・

Imgp0025_

快晴の八町八反

Imgp9806_

ダム下の鬼揚子も修行が足りないと言ってるようでした。

Imgp9807_

最後の望みをかけて、帰りの航路も甲板で海面を皿のように観察。

Imgp1351_

近くを飛んでくれたオオミズナギドリが、慰めてくれました。

Imgp1345_

初見の鳥さんは見れなかったですが、楽しい見島探鳥でした。

現地でお会いした方々に感謝です。

今回は、77EDⅡは持参したものの、殆どがサンヨンの1.4リアコンでの撮影でしたわ。来年からは、軽装で十分かも…(^_^;)

 

2014年4月27日 (日)

オオルリの囀り

お気に入りのソングポストで、元気よく囀っているオオルリです。

 
Imgp8802_1
 
小さいことはええことじゃ~というわけではありませんが、500mmノートリですわ・・・(^^ゞ
広い空間で、「ここは俺の縄張りじゃ~」と宣言している様子がよく分かりますね。
 
Imgp8801_
 
800mmにして、トリミングすると、少しはオオルリらしい姿が見えてきます。
 
Imgp8797_
 
さらにトリミングすると、よくわかりますね。
 
ソングポストというのは、縄張りの中にいくつか持っているのかどうか分かりませんが、定期的に巡回して囀っているという感じでした。

2013年6月22日 (土)

オオルリ(大瑠璃)

今季は、行動が遅かった(というか、河口や蓮田でシギチばかり追いかけていた)せいか、オオルリさんとの出会いが薄く、出会っても、高~~い木の上とか、声はすれど姿は・・・というパターンばかり。

そんな中、二週間前にようやく、目線で見ることができました。

Imgp2320_

新緑の眩しいなか、オオルリの鮮やかなブルーが目立ちます。

Imgp2321_

折角、綺麗な囀りなんで、動画も撮影しましたが、鳥との距離も少しあったせいか、オオルリの声がマイクに届いておらず・・・

(下の歯車マークをクリックして、画質を1080pHDで更に全画面モードにすると、少しだけよく見えます。)

こんな時は外付けのマイクが欲しくなりますわ・・・(^_^;)

2012年9月30日 (日)

ハチクマの渡りのはずが・・・

昨日は、「よ~し、日の出前に山へあがって雲海のご来光でも見るぞ~」と勇んで山へあがりましたが、台風の影響で気温が下がらず、雲海はさっぱり・・・

Imgp7714_

しかも、風が無風に近く、いや~なムードが漂います。

待てど暮らせど、お目当てのハチクマさんが飛んでくれません。

「こりゃ~、前日お泊りした個体がおらんかったんかな~」

「まあ、今日飛んでくる個体もおるじゃろ~」

と安易なことを考えてましたが、それから昼過ぎてもさっぱり・・・(T_T)

結局、一羽も飛んでくれませんでした。

まあ、野鳥相手ですから、こげなこともあるでしょう。

仕方ないので、小鳥達に遊んでもらいました・・・(^^ゞ

久しぶりに見た、オオルリの若雄

Imgp7829_

Imgp8069_

キビタキ♀とコラボ

Imgp7990_

オオルリの♀

Imgp0847_

キビタキ♀に比べると背中の褐色味が強いですね。

Imgp1036_

久しぶりに見た、サメビタキ

Imgp1045_

コサメビタキは沢山いましたが、サメビタキはこの1羽だけですから、個体数が少ないのかな?

Imgp1026_

コサメビタキは沢山いました。

Imgp7786_

コサメビタキとコゲラのコラボ

Imgp8117_

コガラもチョロチョロしてました。

Imgp0898_

ヤマガラは愛想よし

Imgp7869_

舌が見えとるし・・・

Imgp7930_

とっても可愛いエナガも

Imgp0978_

相変わらず、チョロチョロして忙しい子です。

Imgp1074_

ハチクマの渡りもぼちぼち終わりかな~

2012年7月31日 (火)

幼鳥は見分けがつかん ~ オオルリ幼鳥?

昨日に引き続いて幼鳥シリーズです。

幼鳥さんでも、直ぐ近くに親でもおったらええのですが、親がおらんかったら何度見てもわからんですわ。

この子、雰囲気でオオルリ幼鳥と思うのですが、どうでしょう?

Imgp8517_

「どうしてそう思ったの?」と言われても、決め手はないです。

顔の雰囲気と、ぱっと見の大きさ。(フィールドで見る大きさほど当てにならないものないですが・・・)

それから、以前この辺りをオオルリがちょろちょろしとった、というくらいです。(なんともアバウトな・・・)

どなたか詳しいお方、昨日の子と上の子の鳥種とキビタキ幼鳥、オオルリ幼鳥の見分け方を教示いただけたらありがたいです。

2012年6月17日 (日)

野鳥録音の楽しさ!

先日のMDでの生録がとても楽しかったので、ついついこんな道具を買ってしまいました。

Imgp1872_

K-5の右に見えるのは、

TASCAM Liner PCM Recorder DR-07MKⅡ

というもので、簡単にいうとPCM録音ができるICレコーダです。

TASCAMって、最初はピンときませんでした。でもTEACと言ったら、私達の世代(何歳や・・・)はオープンリールで記憶が残ってますよね。

TASCAMはTEACが扱っているブランド名の一つです。

PCM録音とは・・・pulse coded moduleなんとかかんとか・・・鳥見屋には難しい言葉が並ぶので理解しておりませんが、ようは、未圧縮のままで高音質な録音ができるらしいのですが、未圧縮なので、当然録音サイズもでかくなります。

DR-07MKⅡの下に見える「もふもふ」は、風防ですわ。純正オプションなんですが、これが意外に高いので、作った方がよかったか・・・(^^ゞ

風防を付けるとこんな感じ。

Imgp1871_

まあ、これ一つで録音できるので、便利な機械です。電源も単三乾電池というのがありがたいです。

で、肝心の音は?というと、先日のMDに比べると、音は良いです。(というか良い感じがする・・・私の耳には・・・)

ただ、ブログに掲載するには、ココログの制限上、1MB以下にしないといけないので、結局はMP3形式に圧縮するので、同じですわ・・・(^^ゞ

早速、今朝裏山に上がって試写ならぬ試録音をしてきました。

慣れてないせいか、少々戸惑いましたが、なんとかなりそうですわ。

↓をクリック

DR-07MKⅡの試録音

沢山の野鳥の声が聞こえてきます。分かる範囲で、カッコウ、キビタキ、オオルリ、ゴジュウカラ・・・達が共演しています。

野鳥録音は、何といっても姿が見えなくても良いというのが楽です。

まあ、早起きしないと駄目というのは鳥見と一緒ですね。

これから、ぼちぼち、鳴き声の種類数も増やしていこうと思いますが、いつまで続くことやら・・・(^^ゞ

2012年6月10日 (日)

朝もやのオオルリ(大瑠璃)

昨日の雨が影響したか、山に上がると一面が朝もやで真っ白・・・

Imgp1643_

(01STANDARD 8.5mm+Q)

色んな鳥の鳴き声はすれど、姿は見えましぇん・・・(T_T)

Imgp1645_

(01STANDARD 8.5mm+Q)

こんなこともあろうかと、忍ばせていたのがこやつ・・・

Imgp1650__3

8年前の代物で、パソコンへの転送ソフトも今のOSでは動かないものですが、とりあえず録音はできるので、アナログで転送しました。

(↓オオルリの鳴き声)

上で聞けない人は、↓をクリック

オオルリの鳴き声

本当は、綺麗な鳴き声ですが、道具と腕が悪い(道具のせいにしちゃあかんが・・・)ので、ノイズだらけですが、雰囲気は味わえます。

(下の写真をクリックしてから、音を鳴らすと雰囲気がでます。)

近くに沢が流れていたので、その音も入ってます。

声を録音していると、少しだけもやが薄くなって、オオルリの姿が確認できました。

Imgp1189_

撮影していると、時折モヤが薄くなってくれるときもあります。

Imgp1266_

歌ってくれたのは、この子です・・・(^^)/

今回、初めて野鳥の声を録音しましたが、なかなか難しいですね。

ただ、双眼鏡で確認できなくても、声を持ち帰ることはできるので、後からどんな鳥が居たのか分かるのが便利ですし、何より声を楽しみ、声を覚えることができるので、なかなか良いもんだな~と思いました。

【追加】

その他、録音できた野鳥の声もアップします。

(↓トラツグミの鳴き声・・・夜一人で聞いたら怖いじょ~)

上で聞けない人は、↓をクリック

トラツグミの鳴き声

(↓クロジの鳴き声・・・初めて聞きました)

上で聞けない人は、↓をクリック

クロジの鳴き声

2012年5月11日 (金)

小雨の中のオオルリ(大瑠璃)

早朝で小雨降る中でしたが、オオルリが高らかに囀っていました。

Imgp2719_

距離が遠い上に、周りの葉っぱで見えるのは風で葉っぱが動いた一瞬じゃし・・・

Imgp2787_

まあ、今春初見ですから・・・山もええの~

2011年6月18日 (土)

ブログ開設2周年

一昨日でブログ開設2周年になりました。

目的は、鳥、花、風景、自転車、愛犬と考えてましたが、鳥の世界にどっぷりはまり、ほとんどの記事が鳥関係になってしまっています。

前にも書いたかもしれませんが、家族から「同じ鳥を何度も撮影して、何が面白いの?」と聞かれたので、「お前たちだって、○○のコンサートを何度も行くやろ?それと一緒や・・・」と反論し、「ふ~ん」と納得されました。

でもここまではまり込んだ本当の理由は、家族に答えたものとは違います。

新しい野鳥に偶然出会えた時の感動は他では味わえないものがあるし、相手は生き物で、会う都度違った行動なり仕草なり場面なりが見れます。

探鳥はある意味、宝探しに似た感覚があります。いや、私にとっては宝探しそのものです。

また可愛い小鳥の行動を見ると、とても心が癒されます。

この感動があるかぎり、野鳥を撮影したり見たりすることは続けていけると思います。(ブログは続けれないかもしれませんが・・・)

ということで、この2年間を少し振り返ってみたいと思います。

(1周年の時は、コラージュを作成しましたが、手間が大変だったのでこりました。ということで、それぞれの写真で振り返ってみます。)

2年間で撮影した鳥種類数は231種類(亜種5種及び外来種2種を含む)。そのうち、

 山野の鳥 :133種
 水辺の鳥 : 98種

で区分されてますので、まだ山野の方が多いですね。

京都にいたとき、鳥見のきっかけとなった、アオバズク。

Imgp3859da300

思えば、カワセミをいかに綺麗に撮るかというテーマで、機材への散財が始まりました。

Imgp7495_da300_2

始めたころは、都市公園を通っていましたが、お山で偶然オオルリに出会いました。緑の中の瑠璃色は鮮烈で、この時の感動は今でも忘れられません。

Imgp9479_0

すでに花は終わる時期でしたが、なんとか曼珠沙華とノビタキを見ることができました。広島に帰ってからはまだ、こんなシーンは見れてません。

Imgp0172_0

ヤマセミのダイナミックな動きにも魅了され、3回通いました。野鳥撮影初めて3ヶ月目ですが、そこそこ撮れてますね・・・上達しません・・・(^^ゞ

Imgp7053_0

その後、広島に帰って、9か月くらいまでは近郊で鳥見をしていましたが、それ以降はだんだんと遠征も増えてきました。

ヤツガシラを初めて見たときは、その風体とひょうきんな動作に心躍りました。

Imgp2398_

最初のころは、シギチは判別しにくいという理由で避けていたのですが、このエリマキシギに出会ってからはその考えが一変しました。なんと美しい鳥だろうと感激したのを今でも覚えてますが、その後エリマキシギの成鳥には出会えてません。

Imgp3126_0

その後、京都で見れなかったノゴマやルリビタキに会うことができましたが、火の鳥との出会いはやはり衝撃でした。

Imgp7244_

青い鳥といえばブッポウソウの飛翔シーンもとても綺麗ですね。

Imgp5544_

夏になるとアオバトとの出会いもありました。行き先々で素敵な人との出会いもありました。

Imgp7936_

秋になると京都で見た「曼珠沙華とノビタキ」が忘れられず、近郊で探しましたが見つかりませんでした。そのかわり、コスモスやカキツバタといった花にとまるノビタキに出会うことができました。

Imgp0457_

Imgp3932_

嘴がとってもユニークなヘラシギさんとの出会いもありました。

Imgp3594_

冬にはオオモズとの出会いもありました。

Imgp3952_0

冬の赤い鳥の代表格はオオマシコさんですね。

Imgp7688_

まぐれで撮れたヤマセミのホバ

Imgp4644_

と、足早に振り返ってみました。

私のつたないブログも引っ越し前のブログと合わせ、2年間でのアクセス数は昨日時点で148500アクセスになっていました。

この場をかりてお礼申し上げます。

さあ、これからどんな野鳥との出会いがあるか、わくわくドキドキです・・・(^^ゞ

2011年6月12日 (日)

お山の青い子

今、お山で青い子といえば、オオルリ、コルリでしょう。(ブッポウソウも青い子ですね・・・)

このうち、オオルリさんは、この時期、目線の位置からかなり高い木の上で囀るのでどうしても下から目線になりますね。

Imgp7485_

逆光で色がなかなかでませんが、枝の上で気持ちよく囀っていました。

一方、コルリはというと、これがまた手ごわいです。

鳴き声は聞こえど姿が見えず・・・姿が見えても※はるかかなたの枝の上・・・

Imgp7312_

まあ、それでも姿が見れただけ幸せですよ~(^_^)/

(※自分ではなかなか見つけれず、現場におられたバーダーの方に見つけていただきました。コルリのお兄さん、お世話になりました。)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アラナミキンクロ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | イワミセキレイ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | キンクロハジロ | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コスズガモ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤドリギツグミ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 書籍 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31