アオサギ

2013年12月23日 (月)

今年最後の八幡川探鳥会

今日は、今年最後の八幡川探鳥会に参加してきました。

最初に出迎えてくれたのは、まだ中洲が出ていた時間帯で水浴びしていたカモメです。

Imgp6399_

10羽くらいいたでしょうか・・・カモメ類の中では一番最後に入ってくる種ですね。

続いて、見かけたのは、久しぶりのミコアイサ。

Imgp6396_

調整池側でなく海側にいたのが印象的でしたね~

猛禽類は少なかったですが、ノスリが電灯の上に居座ってました。

Imgp6397_

工事車両に驚いて・・・

Imgp6153_

沖の護岸の上で、佇むアオサギ。

Imgp6392_

調整池のカモ達は少なめでした。

Imgp6391_

真ん中付近をトリミングしてみると・・・

Imgp6390_

この池でヒシクイが羽を休めているようです。

Imgp6387_

小鳥は少なめでしたが、参加者は40.名と賑やかな探鳥会でした。

2011年7月12日 (火)

SMC PENTAX-F AF アダプター改の試写(その2)

前回の改造にて、レンズとカメラとの間のケント紙で作った筒をハレーション対策で植毛紙に変更して、DA★300mmで撮影したところ、サギの輪郭の周りがボヤ~とぼやける現象が確認できました。

下の写真は、ピントが合ってませんが、輪郭に着目してください。(ピクセル等倍)

Imgp4669_

この現象は、少し絞りを絞っても、改善されませんでした。

原因がよく分からず、レンズセル内のレンズの光軸でもずれているのか?と思い、再度分解しました。(光軸がずれるとどんな現象がでるのかは、もちろん知りません・・・(^^ゞ )

すると、植毛紙で高さを22mmとした土台(内筒)の厚みが薄いため、レンズを上から軽く押えただけでぐらぐらするような状態となっていました。

こりゃだめだと思い、元のケント紙で作った筒に戻し(これは厚みがあるのでぐらぐらしません)、その内面に植毛紙を入れることにしました。

DA★300mmでの試写をしていないので、上の対策で直ったのかいなか不明ですが、BORG77EDⅡでの組み合わせで、遠景及び近距離での実写をしてみました。

下の写真の機材は、

BORG77EDⅡ+0.66DGT+KenkoUVフィルタL41※+AFアダプター+K20D

です。AFアダプターを付けないときは、

BORG77EDⅡ+KenkoUVフィルタL41※+K20D

※:以前より、パープルフリンジ対策として常用フィルタとしています。(実際はあまり効果はなかったのですが、解像度もそれほど落ちないのでそのまま付けてました)

【遠景テスト】

■月でチェック

(AFアダプター改)

Imgp5656_kai

上のピクセル等倍

Imgp5656_t

(AFアダプターなし)

Imgp5676_nashi

上のピクセル等倍

Imgp5676_t

(AFアダプター1.7x)

Imgp5663_nor

上のピクセル等倍

Imgp5663_t

月でのテストの結果は、AFアダプター改の解像はAFアダプター1.7xより劣る感じでした。

また、月の写真から、AFアダプター改のテレコンとしての倍率をチェックしたところ、約1.48倍でした。

つまり、0.66DGTとの組み合わせでは、

f510mm×0.66×1.48 = f498mm/77mm = F6.5

の仕様の半AFレンズとなります。

■鉄塔でのチェック

撮影距離 : 約1400m

(AFアダプター改)

Imgp5682_

(0.66DGTはBORG77EDⅡと組み合わせると周辺減光が目立ちますので、ノートリの写真を撮影される方は、AFアダプター1.7xとの組み合わせの方が良いです。)

※:周辺減光は、別記事で報告しますが、レンズケースのレンズ後方(カメラ側)の内径が小さかったことが原因でした。この内径を大きくすると改善します。

上のピクセル等倍

Imgp5682_t_3

輪郭がぼやける現象はないようです。

(AFアダプター1.7x)

Imgp5695__2

上のピクセル等倍

Imgp5695_t_2

鉄塔テストでは、AFアダプター改も良く解像しています。

■ウミネコでテスト

撮影距離 : 約250m

(AFアダプター改)

Imgp5781_


上のピクセル等倍

Imgp5781_t

(AFアダプター1.7x)

Imgp5810__2

上のピクセル等倍

Imgp5810_t

ウミネコも良く解像しているようです。

また同様に輪郭がぼやける現象は確認されません。

【中~近距離テスト】

■アオサギでの確認

(AFアダプター改)

Imgp5854_

(AFアダプター1.7x)

Imgp5845_

■アオバズクでの確認

(AFアダプター改)

Imgp5636_

(AFアダプター1.7x)

Imgp5635_

とここまでです。

総合的に、どうだったか?というと、細かい解像はまだAFアダプター1.7xの方がよい感じですが、暗いところでのAF性能と逆光での青にじみはAFアダプター改に軍配が上がります。

現在の外観はこのようになってます。

Imgp5872_

数日使用したら、ケント紙が縮んで、アダプター本体とレンズセルとの間が少しガタが発生したので、銅テープで調整してます。

(あくまでも、改造は自己責任でお願いします。)

2011年7月 7日 (木)

わしの方が長いぞ~

田んぼの中で、ダイサギとアオサギが首をにょきっと伸ばしてました。

Imgp9562_

まるで、首の長さを競っているかのように見えました。わしの方が長いぞ~と。

Imgp9563_r_

そんなに伸ばして、何を見ているのか・・・辺りは田んぼ・・田んぼ・・そして田んぼしか見えません。

その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | キンクロハジロ | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コスズガモ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31