ウミネコ

2013年10月 9日 (水)

カモメウオッチング

いつもの河口で、カモメウオッチング。

朝の通勤鳥見・・・この時間は誰一人河口でカモメウオッチングしている人はおりません。(私を除いては・・・)

渡りの時期ですから、なにか怪しいカモメが入っていないかな~と、双眼鏡で探していると、セグロカモメの中に黄色い足の子(一番左の子)が一羽混じってました。

Imgp2704_

見たところ、背中の色は隣にいるセグロカモメと同程度なので、ホイグリン系(タイミルセグロカモメ)だと思われます。

Imgp2702_

以前はウミネコばかりでしたが、ここのところ、ウミネコの数がめっきり減りました。

Imgp2701_

今朝は、オオセグロカモメの姿も見かけましたが、ユリカモメの姿をまだ見かけません。

これから、ユリカモメ、ズグロカモメ、カモメ、更にはカモ達も入って来て、河口は一気に賑やかになりますわ・・・(*^_^*)

2013年9月17日 (火)

セグロカモメ(背黒鴎)

河口探索で期待を裏切らないのはカモメ類ですが、夏場は殆どウミネコのオンパレード。(期待してる人はおらんと思いますが・・・)

セグロはまだかいの~と探していたら、3羽入ってました。

Imgp8977_

これから、ユリカモメ、カモメ、オオセグロカモメ、ズグロカモメなどが入ってくると思いますが、渡りの時期には思いがけず普段見かけないカモメも混じったりします。

Imgp8979_

あれでも間違ってシロカモメが立ち寄ってくれんかな~と様子を見てますが、そんな間違いはなかなかないようですわ・・・(^_^;)

2013年8月 1日 (木)

ウミネコ(海猫)のいる光景

昨日、通勤時のウミネコです。

カモメ類は秋~冬にかけて見られますが、ウミネコだけは夏場にも見られる貴重な存在です。

Imgp5520_

(M ZOOM 80-200mm、80mm側で撮影)

晴れていたら、橋のバックに瀬戸内海の島々がボーっと見えるのですが、昨日の朝はどんより天気・・・(-_-;)

Imgp5517_

(77EDⅡ)

ウミネコは、ちょっとばかり怖い顔をしてるので、損してるかも・・・

Imgp5516_

(77EDⅡ)

朝夕、潮が引いているときに、浅瀬に飛んできて、水浴びするのが日課のようです。

これから、数も少しずつ増えてきて、8月後半になってくると、他のカモメ類も見られるようになりますね。

それまで、この河口は、ウミネコの天国です。

2013年6月17日 (月)

K-01での撮影スタイル

先日紹介したK-01での撮影スタイルですが、まさにデジスコスタイルです。

Imgp2542_

照準器は被写体を導入するのに必須ですし、ファインダーのないK-01でのマニュアルピント合わせには、ルーペ付き液晶フードも必須となります。

ケーブルレリーズは、昼間の明るい撮影では不要ですが、シャッター速度が稼げない環境ではこれまた必須。

更にブレを防ぐため、使わなくなっていたヒップサポートも再登場願いました。

Imgp2770_

上の写真は、K-01で撮影した今朝のウミネコです。ウミネコはほぼ一年中見れる野鳥ですが、広島では春先に居なくなる時期があります。

繁殖が終わるとまた戻って来て7月8月には河口を埋め尽くします。

2013年2月12日 (火)

ホイグリンカモメ

昨日に続いて、カモメの話題が続きます・・・m(_ _)m

ワシカモメと同じところにいた、怪しい個体です。

怪しいといっても、普通のセグロカモメと少し感じがことなる程度ですが・・・

1

個体Aは足の色が黄色であることを除いたら、そのままセグロカモメですので、ホイグリン系カモメではなく、足が黄色い普通のセグロカモメも思われます。

問題は、個体Bの方です。

私自身が今まで見たことのあるホイグリン系カモメの背中の色は、どちらかというとセグロカモメに近い灰色でしたが、個体Bはウミネコやオオセグロカモメの背中の色と同等です。

2_

また、セグロカモメより細身で、頭の斑はセグロカモメより細くて鋭いところなどから、ホイグリンカモメでも「heuglini」の方と思われますが、どうなんでしょうね~

えっ?ちょっと細身の羽が黒っぽいセグロカモメでええじゃんって?ご無理御尤もでございます・・・(^^ゞ

2013年2月11日 (月)

ワシカモメ(鷲鴎)との出会い

見たいカモメの一つであったワシカモメに運よく出会えることができました。

ワシカモメといったら、北に行かないとまず見れないと思ってました。

現地に到着した時は、雪がかなり降ってて、手がかじかむような天気・・・(T_T)

Imgp4115_

双眼鏡で少しだけ探すと、その雄姿は直ぐに確認できました。

そのうち、天候も回復してきて、日が指すほどに・・・(^^ゞ

Imgp4105_

雄叫びの声は、普通のセグロカモメと同じ声でした。

Imgp4102_

セグロカモメとの明確な差は、初列風切の色が黒でなく灰色ということです。

Imgp4098_

右がワシカモメ、その左右がウミネコ、そして左がセグロカモメですね。こうやってとまっていると、尾羽の上に初列風切が伸びているので良く分かります。

時折海水に飛び込んで魚を取ります。良く見ると、獲物はカワハギでした。

Imgp4114_

これ、美味いんですよね~釣りをしていたころは、持って帰ると家族に喜ばれました。

ゆっくりワシカモメが食べようとしていたら、オオセグロカモメが横取りしようと突っ込んできました。

Imgp4106_

どりゃ~と言わんばかりに・・・ワシカモメは獲物を横取りされないよう必死で逃げながら、ようやく飲み込み・・・

Imgp4108_

オオセグロカモメをかわして、逃げ出しました。

Imgp4109_

ここは、カモメの飛翔を山バックで楽しめます。ちょっと違和感がありますが・・・

Imgp4116_

テトラにアオサギと一緒に・・・

Imgp4025_

じっくりと、ワシカモメを楽しむことができました。

Imgp3934_

カモメ好きにはたまらんですわ。(おらんか・・・)

2012年9月 6日 (木)

セグロカモメ(背黒鴎)

久しぶりの通勤鳥見。

タカ子さんのブログで「セグロカモメ」が来てると紹介されていたので、通勤途中に寄ってみたところ、居ました。

Imgp0738__2

その他大勢は全てウミネコですが、その中に1羽だけ美しい姿が・・・頭に褐色斑が出始めてますので、夏羽から冬羽へ移行中のようです。

Imgp0739__2

それにしても、早い気がしますね。

カモメたちも要チェックかな?っていう人は、おらんじゃろうな・・・・(^^ゞ

2012年9月 3日 (月)

待ち人(いや鳥)来ず・・・

この場所には昨年は来れなかったので、今年に期待してました。

Imgp2735_

(03レンズ+Q)

しかし、いくら待っても、この子が通過するばかり・・・

Imgp5780_

う~~ん、長閑じゃ~

結局、待ち人来ずで道具を片づけて車に戻ったら、お目当ての鳥さんが集団で頭を通過・・・(>_<)

急いで、戻ると、鳥さんはあざ笑うかのごとく、お山に戻って行かれました・・・(T_T)

慰めてくれたのは、暑そうにしてたこの子。

Imgp5806a_

行いが悪いんかの~

2011年11月30日 (水)

今、河口が面白い

ここのところ、冬鳥の小鳥の入りがいまひとつなので、通勤鳥見はもっぱら河口に寄ってます。

河口に行くと、カモ類やカモメ類が沢山居て、見ていても飽きません。

今年の目標の一つに、カモメ(ただのカモメ)とオオセグロカモメを見ることでしたが、先日一度に見ることができました。

Imgp2294_


上の写真の中には、オオセグロカモメが二羽、周辺にセグロカモメ、後ろの方にカモメとウミネコとユリカモメが見えます。

Imgp2527_


さらに、手前にズグロカモメ、右側にはホイグリン系かセグロの亜種と思わせる個体も見えます。

カモメ類だけで一度に6種見れるので、見ていて飽きません。

カモメ類は、幼鳥から成鳥までの換羽が多く、さらに識別がとてもやっかいなので、敬遠する人も多いと思いますが(なにを隠そう、私も今まで敬遠していました・・・)、「カモメ識別ハンドブック改訂版」をバイブルにして、カモメの師匠に助けられながら、少しずつ姿と名前が一致するようになってきました。

まだまだ基本種の成鳥のみですが、名前が分かるようになってくると、カモメ観察も楽しくなってきます。

さあ、見るものに困ったら、河口へGO!

2011年10月26日 (水)

ホイグリン系カモメ

シギチのシーズンがほぼ終わり、カモやカモメのシーズンに入りましたが、今まではこの「カモメ」にはほとんど手が出ていませんでした。

このあたりでよく見かけるのはウミネコとユリカモメ、それからセグロカモメが少し混じり、ズグロカモメが入ってくれたらようやく見に行くといった感じでした。

手が出ない理由としては、判別が難しく名前がわからないというのが一番でした。

それを振り払うべく、今年はカモメ図鑑を購入して事前勉強して臨みましたが、やっぱり完敗でした。

カモメを見る環境は、こんなところです。

Imgp6594_

Imgp6595_

Imgp6596_

この中から、その特徴を見ながら観察する必要ありますが、この日はまだまだウミネコの数が多く、お目当てのカモメ(ただのカモメ)は居ませんでした。

探すといっても、まだよちよちの初心者なので、大きさ、嘴の赤い斑の感じ、背中の色、足の色ぐらいを見て、集団の中から変わったものを探すという感じです。

ぱっと見て一番大きいやつを見つけて焦点をあてましたが、どうやらただのセグロカモメでした。

Imgp6509_

まわりには、ウミネコ、すみの方にユリカモメの姿も見えます。

このセグロカモメを追いかけていたとき(本人は、この時点でオオセグロと勘違いしてましたが・・・)、偶然ホイグリン系カモメらしき個体を撮影してました。

Imgp6560_

右の大きい方がセグロカモメで、左がホイグリン系カモメと思われる個体です。

セグロカモメと足の色が異なり(黄色っぽく見える)、嘴の赤い斑が上嘴にもかかってます。また大きさもセグロカモメと比べると少し小さめです。

Imgp6563__2

この飛びこみ写真も、同じ個体ではないかと思われます。

Imgp6528_

残念ながら、背中の色がわかる写真は一枚もありませんでした。

左は可愛いユリカモメで、右側の大きなやつはセグロカモメ。

Imgp6536_

こいつは、セグロカモメの幼鳥と成鳥かな?

Imgp6585_

あとは、ズグロカモメの到来を待つのと、ただのカモメを見るのが当面の目標ですわ。







より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31