セッカ

2014年8月 3日 (日)

ヒマワリ畑とセッカ(雪加)

10日前のこと、暑い中ヒマワリ畑を見に行ってきました。

日中は暑さでとんでもないことになるので、朝6時には現地到着・・・それでも汗がじわ~と出てきます。

Imgp6069_

ヒマワリは?というと、少し早すぎたか、全体の20~30%といった感じでした。

Imgp6125_

場所によって、早い遅いがあるようですね。

ヒマワリ畑にいたセッカも少しだけ撮影しました。

Imgp2897_

咲いているヒマワリの数が圧倒的に少ないので、ヒマワリがらみのシーンというのは皆無・・・(^_^;)

Imgp2906_

ひっひっひっひ・・・ちゃっちゃ・・・

Imgp2907_

朝9時を回ると、日もかなり高く、汗も噴き出すようになり、体力の限界・・・特産品を買って、早々に撤収しました。



2013年8月 6日 (火)

ヒマワリとセッカ(雪加)

このヒマワリ畑では、セッカ、カワラヒワ、スズメ達がヒマワリに上がってくれます。

広いヒマワリ畑ですから、探すのが大変ですが、セッカは「ヒッヒッヒ・・・」と鳴いてくれるので、声を頼りに見つけることができます。

Imgp5779_

たとえ見つけても、なかなか良いところには上がってくれません。

Imgp5780_

さらにセッカを見つけるまでの待ち時間には滝のように吹き出る汗・・・(^_^;)

Imgp5876_

4時間粘って、花弁にのったセッカを撮れたのは、この一枚だけ。

Imgp5778_

なかなか手強いセッカでした。

またいつかリベンジに行きたいですが、あの暑さを思い出すと、心が折れます・・・(-_-;)

2013年7月 5日 (金)

雨のセッカ(雪加)

昨日のモズの続きです。

125SD試写第二弾は雨の中のセッカさんです。

Imgp3081_

虫をくわえてるので、子育て中のセッカさんかもしれません。

Imgp3083_

緑の前ボケが少し入ると、柔らかい写りになりますわ。

どうやら、光軸も問題ないようです。

(トミーテックさん、お世話になりました。)

2012年10月24日 (水)

連日の工事で・・・

朝の通勤鳥見していたフィールドですが、長期にわたる工事(広島南道路)で沢山の作業員の方が出入りするようになり、最近では小鳥が奥の方だけ行き来して、姿をあまり見なくなりました・・・(-_-;)

Imgp7772_

渋滞緩和が目的のようなので、工事うんぬんというわけではありませんが、通勤時の小鳥との僅かなふれ合いが、思うようにできなくなったのは確かです。

Imgp1514_

8月3日に撮影していたセッカさん。

工事前半のころは、それでも近くに寄ってくれていたが・・・

Imgp1515_

早く工事が終わって、また静かな環境に戻るのはいつの日になるかな~

2011年9月21日 (水)

可愛いセッカ(雪加) ~ 有刺鉄線と草の上

通勤途中でみるセッカの場所は、背の低い草原に背の高い有刺鉄線が設置されたところなので、セッカさんもとまるのは殆ど有刺鉄線の上です。

Imgp9794_


それでも、散歩する人に愛想を振りまいてくれます。

普通に散歩する人は、セッカがとまっていても見向きもしません。当然ですね。だからセッカも逃げません。

Imgp9730_


私はというと、双眼鏡を首からぶら下げ、カメラを手に持って熱い視線を向けるので、やばい人間だと察知するのでしょうか、むずむずして飛ばれてしまうケースが多いです・・・(^^ゞ

有刺鉄線の近くに、数少ない背の高い草が生えてました。(過去形です)

その草にはほとんどとまってくれなかったのですが、一度だけサービスしてくれました。

Imgp8724_

なんや~、お前、とまってくれるんか~~、ええ子じゃの~

Imgp8728_

頭カイカイ・・・

Imgp8736_

こりゃ、当分楽しめるかな?と思ったのもつかの間、これを撮影した日に草刈り部隊が入って、この草も当然刈られてました。オ~ノ~・・・(T_T)

でも、とっても可愛いセッカさんは、トウネンとともに心の友です。


2011年8月19日 (金)

SMC PENTAX-F AF アダプター改の試写(その3)

F AF アダプター改での周辺減光が気になっていたので、いろいろ原因を調べてみたところ、レンズケースのレンズ後方(カメラ側)の内径が小さいことが主原因であることが分かりました。

ケント紙を使って作成した試作品は、ここの内径をφ22で製作してました。さらに植毛紙の厚さが0.5あるので、実質はφ21になっていました。

この内径を徐々に大きくして周辺減光が目立なくなる内径を探ると、どうやらφ23.5以上にする必要があることが分かりました。

そこで、この内径をφ23.9とし、さらに植毛紙は厚みがあるので、厚さ0.15mmのパーマセルテープ黒で代用することとしました。

【遠景 ノートリ】

Imgp7851_

かなり改善しましたが、もうちょっと大きくする必要あるかな・・・レンズ外径がφ25なので、レンズを設置する段差を付けるにはφ24が限界のような気がしますが・・・

【近距離 ノートリ】

Imgp7812_

これぐらいの距離だとほとんど気になりませんね~

(トリミング)

Imgp7797__2

う~ん、凛々しいキアシシギさんや~

続いて、有刺鉄線セッカさん(ノートリ)

Imgp7746__2

セッカさんは可愛いにゃ~

(トリミング)

Imgp7827__2

逆光気味の撮影でも問題なさそうです。

ということで、しばらくは、このF AF アダプター改※を使用していろいろ撮影してみます。

※:今回の改造も含めて、レンズケースは鳥友であるkozahiroさんに塩ビで製作していただきました。(この場を借りてお礼申し上げます。)

2011年8月 2日 (火)

草原セッカと有刺鉄線セッカ(雪加)

先月初めに草原で撮影したセッカさん。

Imgp4712_

草原で撮影すると緑がまぶしいですね~

Imgp5340_

こちらは、今日の通勤コースで撮影したいつもの有刺鉄線セッカさん。

Imgp4087_

周りの雰囲気が変われば、イメージも変わりますね~

Imgp4188__


でもセッカさんは、変わることなく、可愛いです・・・(^^)/

その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF28-75mm F/2.8 | SP AF70-200mm F/2.8 | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アラナミキンクロ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | イワミセキレイ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | キンクロハジロ | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コスズガモ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ブロンズトキ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤドリギツグミ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 書籍 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31