クサシギ

2014年9月16日 (火)

クサシギ(草鷸)

蓮田にはクサシギの数も徐々に増えてきました。

Imgp5192_

夏羽から冬羽に換羽中でしょうか・・・

Imgp5198_

顔を見ると、幼く見えたりもします。

とっても地味~~な子ですが、大好きなシギですわ。

2014年3月22日 (土)

HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW 試写

(修正:一枚目の写真は、F7.1に絞ってましたので、F5.6開放の写真を追加しました。)

昨日から今日にかけて、新しいリアコンのテストをしてました。

結論から言うと、開放でも使えそうです。

蓮田でクサシギさん。

(DA AF 1.4X AW F7.1)

Imgp7525__2

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7523_

こいつは、距離12mくらいですが、開放でも良く解像してます。

(F AF1.7X F6.7開放) 比較画像のため撮影。

Imgp7522__2

同じ距離の絞り開放ですが、解像感はDA AF 1.4X AWの方がありそう。

蓮田で、タゲリさん。

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7521__2

お山で、雪の中、ホオジロさん。

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7557__2

条件の厳しい、雪の中でも問題なさそうです。

ボチボチ帰り支度のジョウビタキさん

(DA AF 1.4X AW F5.6開放)

Imgp7892_

距離は10m弱と近いですが、開放でも良く解像しますね。

 

 

2013年9月 8日 (日)

二匹目のドジョウは・・・

二匹目のドジョウ(もとい、タマちゃん)を求めて、蓮田に出かけましたが、そうそう姿を見せてもらえませんね。

今、コチドリ以外で一番姿を見かけるのはこのクサシギさんでしょう。

Imgp7231_

それから、タカブシギ。

Imgp8036_

急に増えたのがタシギさんかな。

これで、チュウジやオオジが入っても見分けがつかなくなりましたね・・・(^^ゞ

Imgp8269_

左に見えるのはチュウサギかな?

そうそう、セイタカシギが一羽おりましたわ。

Imgp8019__2

それから、トウネンが4羽。

Imgp8250_

お目当てには会えませんでしたが、渡りのシギは、これからでしょう。

2013年8月28日 (水)

クサシギ(草鷸)

先日の日曜日のこと。

午前中は雨でしたが、なんとか鳥見ができそうな怪しい天気。

こんな日は蓮田じゃ~ということで、二廻りぐらいさまよいましたが、小雨降る中、出会ったのはこのクサシギさん。

Imgp7304_

車の中からですので、それなりに愛想は良かったのですが、窓からレンズを出しただけでびっしょり・・・

Imgp7305_

こりゃ~退散じゃな・・・と、帰路につきましたが、途中に山に寄ったのが運のつき。

行きは順調に山道を上がっていったのですが、途中から車の後ろ付近からカラカラと地面に擦る音が・・・

こりゃ~なんか変なもの引っかけたか?と思い、すぐさま車を止めて後部に回ってみたら、なんと!・・・・こんな事!・・・え~~~~~!、我が目を疑ったが、マフラー(排気口)が地面に落ちてました。どうやら、マフラーの先端が地面と接触してカラカラと音がしていたようです。

生憎、マフラーを固定できそうな針金やバンド類はもっておらず、自走もできない状態・・・それでもラッキーだったのは、携帯のアンテナが三本立ってたことです。

すぐさま、自動車保険のロードアシスタント窓口に電話!

ここはタクシーも来てくれないような場所じゃが、大丈夫か?と思いましたが、50分くらい待ってたら、二トン車で来てくれました。

車は、ディーラまでお持ち帰りになりましたが、なんとか無事代車も借りて、自宅まで戻れました。

ディーラで車の下からマフラーを見たら、途中のつなぎの部分が腐食で真っ二つ・・・車は11年目で12万kmですが、案外早く腐食するもんなんですね。

もしかしたら、雪の高速道路で凍結防止剤を何度も浴びて、下回りはなかなか洗浄できなかったから、腐食が早まったのかもしれません。

皆さん、下回り要注意ですよ。

(今回、初めて保険のロードサービスを使いましたが、親切でとても対応が良かったです。)

2012年10月 9日 (火)

50アクロマートとQ

もうすぐQに使う純正のKQマウントアダプタ(レンズ内シャッター付き)が発売になるので、それに合わせて、BORG50アクロマートを入手しました。

このレンズ、EDレンズではなくアクロマートなので、青ハロや紫ハロの色収差を残したものです。望遠鏡として使う眼視の時は、問題ないのですが、デジタルカメラのレンズとして使うときは、青ハロや紫ハロが盛大に出ます。

紫ハロに対しては、L41フィルタを付ければある程度軽減できますが、頑固な青ハロには効果なし。波長の違うフィルタも考えましたが、後から色補正するのも手間なので、結局絞ることで対応しました。

50アクロマートとQとの組合せは、何といっても小型軽量で手軽ということです。車の座席に乗せても、こんな感じですわ。(手前が50アクロマートとQ、奥がDA★300mmとK-5です)

Imgp8271_

望遠鏡として使うときは、M57ヘリコイド以降を外して、Qの後ろに写っている地上プリズムとアイピースを付けるだけ。

小型軽量なので、三脚が必要な時も、K-5の奥に写っている旅行用のものでことたります。

Imgp3210_

上に示したシステムは、次の構成にしています。

①L41フィルタ

②50アクロマート対物レンズ

③M57絞り(これで1段分絞ってます)

④M57ヘリコイドDX

⑤AC#3クローズアップレンズ(焦点距離短縮および周辺流れ対策)

AC#3を付けている2"ホルダはL40としており、この仕様でレデューサ倍率は0.66となり、焦点距離は、f250mm×0.66=f166mm(Qで使うと、35mm換算で914mm相当、APS-C換算で609mm相当)

明るさは、F5×0.66=F3.3、1段分絞っているので、F4.7相当になります。

つまり、このサイズで、APS-Cフォーマットのカメラに接続するレンズに例えると、ロクヨンゴ相当となります。(ロクヨンゴというレンズはありませんが、画角と明るさはそんな感じになるという意味です)

で、肝心の写りはというと、こんな感じです。

(コサギを手持ちで撮影)

Imgp3439_

(同じく、歩いているところを手持ちで追っかけて撮影)

Imgp3444_

これらは、いずれもQの液晶画面を見ながらピントをマニュアルで合わせながら撮影してますが、被写界深度が深いのでそれなりに写すことができます。

二枚目のものは、動きがあるところを手持ち撮影してるので、若干コンニャク現象が出てるかもしれませんが、純正KQマウントアダプタが来れば、それも解決です。

(クサシギを旅行用三脚で撮影)

Imgp3441_

上記のトリミング

Imgp3441_u

この50アクロマート、安い(6930円)のに、なかなかやるわい。

Qの撮像素子が小さいので、立体感が得られる画像ではないですが、お気軽に超望遠の世界を体験できるというのは、素晴らしいことですね。

(今日の朝日)

Imgp3532_

(Q+01レンズ)

2012年5月10日 (木)

夏羽のクサシギ(草鷸)

ビロキンさんの記事を見て、夏羽のクサシギが無性に見たくなって、蓮田で探してきました。

運よく、三羽のクサシギがいてくれたんですが、タカブシギと一緒の田んぼで採食してました。

最初遠目で見た時は、恥ずかしいことに、タカブシギ?と思うくらい尾っぽの斑が大きな個体でした・・・(^^ゞ

Imgp3675_

過去撮影した記録を調べていると、夏羽に移行中の個体は見てましたが、これほど白斑が目立つ個体は初めて見ました。

Imgp3654_

野鳥観察は、季節によって羽の色合いや模様が変化するところも、楽しく興味深いところの一つですね。

Imgp3806_

綺麗な夏羽が見れるは、この時期だけかな?

2012年2月28日 (火)

蓮田の友はクサシギ(草鷸)

渡りが始まる前の蓮田で、いつも相手してくれる可愛いやつです。

Imgp2548_

この子も、春が来たら旅立つんでしょうね・・・

(BORG125SDにて)

 

 

 

【今日の通勤鳥見】

河口を覗いたら・・・

Imgp9356_

まだまだ寒い日が続きますが、春が近いか・・・

Imgp9316_

ズグロの頭も、黒くなり始めてますね・・・ボチボチお帰りになる時期か?

(いずれも、50-500mmにて)

2011年8月 7日 (日)

ヒメアマツバメ(姫雨燕)

今日も暑かったですね~

池の上空を飛翔するツバメを見ていたら、翼がブーメラン形状だったので、最初はアマツバメかと思っていましたが、池につっこむ姿を見るとアマツバメにしては小さい。

腰が白いので、やっぱりイワツバメか~と思い、何枚か撮影してパソコンで見てみると、どうもイワツバメにしては、お腹が白くないので図鑑を見てみると、どうやらヒメアマツバメのようです。

Imgp5086_

何度も水面に突っ込んでるのですが、早くてピントを合わせれず、なんとか見れるのがこのカットだけ・・・

Imgp5087_

水面に突っ込む前に大きな口を開けます。池の上の虫を食べているのか水を飲んでいるのか・・・私の目には水を飲んでいるように見えました。

Imgp5088_

Imgp5089_

突っ込むところは、タイミング合わず・・・(^^ゞ

Imgp5090_

なるほど、イワツバメに比べると、翼がとても長いのが分かります。

Imgp5091_

最初は、照準器で合わせて、適当にAFを合わせていたのでが、全滅・・・結局ファインダーをのぞいて、ピントを合わせた上のカットだけしか残りませんでした。手ごわいな~

それでも初見だったので、うれしかったです!

あとは、上空高く上がるヤマセミさん。

Imgp4988_

どこまで上がるのか・・・

Imgp4990_

まだまだ上がって

Imgp4992_

結局、急降下して林の中へ・・・なんだ飛びこまないの・・・

Imgp4994_

林の中で、大きな声で鳴いていたホトトギスさん・・・

Imgp5005_

めちゃくちゃ遠いな~

Imgp5007_

ハクセキレイセグロセキレイの幼鳥かな?

Imgp5031_

もう来てるの?クサシギさん

Imgp5038_

池のほとりをイタチのような・・・

Imgp5011_

テンのようです。

この暑い夏、水は貴重ですので、色んな生き物が集まってきますね。

でも見ている方が、実はへばってしまいます・・・(^^ゞ










その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF28-75mm F/2.8 | SP AF70-200mm F/2.8 | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アラナミキンクロ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | イワミセキレイ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | キンクロハジロ | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コスズガモ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ブロンズトキ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤドリギツグミ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 書籍 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 飛行機 | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31