DA16-45mm

2013年9月16日 (月)

日頃の感謝を込めて・・・

今日は、通勤鳥見で毎日お世話になっている川の清掃探鳥会でした。

Imgp9036_

前回の参加は二年前の5月だったでしょうか・・・めちゃくちゃ暑かった記憶がありますが、今日は、台風の影響も少し残って風もかなり吹いていたので、それほど暑くはありませんでした。

Imgp9042_

突端から見た光景。

Imgp9046_

元気な人は、一番河口側でゴミの撤去作業をします。

Imgp9048_

建設工事をされている方も沢山参加されてました。

ペットボトルや空き缶、弁当の器やごみ袋、色んなゴミがありましたが、便器があったのにはたまげました・・・(>_<)

良い汗をかいたあとはいよいよ鳥見か~

Imgp9087_

といっても、寂しいかぎりで、出迎えてくれたシギはチュウシャクシギの一羽だけでした・・・(^_^;)

2012年11月 8日 (木)

廿日市大橋

風景を撮り始めてからは、広角レンズに少々はまっております。

ただ、全体が入れればええ~というわけではないようなので、広角は難しいですわ。

【DA14mm/F2.8】

Imgp0353_

このレンズはF2.8の明るさがあるのですが、なんとK-5IIsと組み合わせると、橋の上の光でAFが効いてくれました。

たしかに暗部のAF精度は向上してますね。

ただ、良く見ると左下に土手の角が写りこんでます。広角レンズで撮影するときは、足元の写りこみを気をつけないといかんですね・・・(^^ゞ

【DA16-45mm/F4】

Imgp0347_

ワイド端16mmでの撮影ですが、F4レンズなのでK-5IIsでもAFは効きません。

こうして見比べると、こんな光景は14mmの画角の方が奥行きがあって、私は好みです。

絞り羽の数が違うので、光芒の形にも差が出てますね。

2012年10月21日 (日)

ベニマンサク

今日は、大野自然の森にベニマンサクを見に行ってきました・・・(^^ゞ

(というか、鳥を探しに行ったのですが、シロハラを見たくらいで鳥影少なし・・・しゃあないのでベニマンサクを撮影してきたというのがほんまです・・・)

ベニマンサク湖といっても、ベニマンサクは湖から少し離れたところにあるので、この風景には写りこみません・・・

Imgp7488_

影になっているところで、ベニマンサクを見ても、赤紫っぽく見えるだけで、地味ですね。

Imgp7580_

真価が発揮するのは、光が当たっている葉を裏から見た時ですわ。

Imgp7595_

ベニマンサクの花に虫が寄ってました。

Imgp7621_

裏から見ると、燃えるような赤が楽しめます。

Imgp7607_

秋色がええ感じです。

Imgp7623_

今週が見ごろですね。

2012年8月12日 (日)

宮島水中花火大会

今夜の男子マラソンの中本選手の粘りは凄かったですね~

私はというと、昨日はとて~~も長い一日でした。

宮島水中花火大会というと、私のところからは自転車でも行ける地元の花火大会なので、今までは裏の土手で見たり、よく行っても宮島対岸の護岸から見物というパターンでした。

ところが、一度は鳥居をバックにした花火を写してみたいという衝動にかられ、昨年は昼過ぎから宮島に渡りましたが、当然、鳥居周囲は三脚だらけ・・・しかたなく山に登り撮影を試みましたが、水中花火と鳥居の関係が反対で鳥居が見えず撃沈。

よ~し、今年こそ朝一番のフェリーに乗ってと早起きしましたが、目が覚めたら雷がなる大雨・・・こりゃ中止じゃなと二度寝。9時過ぎに起きたら、なんと雨が止んでるじゃあないですか~

急いで、支度をして出ようとすると、女房から「今から行っても駄目じゃないん?」とあきれた声が・・・それでも、近くなので駄目なら帰ればええか。という軽い気持ちで現地へ到着したのが、10時半ごろ。

案の定、鳥居周囲は三脚が並んでましたが、二列目には入れそうということで、前の日から徹夜で番をしているお兄さんに話しかけると、なんと「OK」・・・宇品のお兄さんはとても親切な方でした。

ここから、花火が始まるまで約9時間と長~~~い待ちに突入。(前日から徹夜で待っている人は22時間ですから、長いとは言っておられませんが・・・)

10時50分ごろの様子。この頃はまだ雨上がりで蒸し蒸し状態。

Imgp3081_

(DA14mm/F2.8)

日が沈む前の18時30分ごろの様子。真っ赤な夕焼けを期待しましたが・・・(T_T)

Imgp3113_

(FA35mm/F2)

日が沈んだ19時20分ごろの様子。さあ、何時でも上がってええど~~~

鳥居右横の松の枝が気になりますが、贅沢は言っておられません。

Imgp3244_

(DA14mm/F2.8)

アナウンスのお姉さん?の話やら実行委員長?の長い話が終わり、ようやくドンドンと・・・

Imgp3218__2

(DA16-45mm/F4)

おお~鳥居が入ると、見るだけでも違いが・・・

Imgp3241_

(FA35mm/F2)

この位置からは、鳥居の右側から上がる花火は角度的に写せませんが、バックの水中花火だけでも十分迫力あります。

Imgp3223_

(DFA50mm/F2.8)

ダイナミックやな~

Imgp3227_

(DFA50mm/F2.8)

赤系の花火が上がると、水面が赤く染まるのが綺麗です。

Imgp3222_

(DFA50mm/F2.8)

待った時間は長かったですが、花火はあっという間に終了ですわ・・・(^^ゞ

Imgp3237_

(FA35mm/F2)

花火終了してから我が家へ辿りつくまでがまた長くて辛い戦いです。いつもは30分もかからないところですが、昨夜は2時間かかりました・・・(T_T)

とはいえ遅い参戦でこの花火が見れたのも、ひとえに親切な宇品のお兄さんのお陰です。本当にありがとうございました。









2012年8月 6日 (月)

向日葵畑 ~ 吉和

最近は、野鳥との出会いが今一つなので、自然とか花とか昆虫とかに目が向くようになっています・・・(^^ゞ

昨日は、雲海でもと思い掛頭山に夜明け前から上がりましたが、生憎の天気で真っ白・・・

その後、付近で野鳥探索しましたが、なかなか良い出会いもなく帰りに吉和の向日葵畑に寄ってきました。

Imgp2388__2

(DA16-45mm)

ところがこの日は昼から炎天下になったり雷雨があったり変な天気・・・蒸し暑さだけが体に染みて、熱中症になりそうな感じでしたわ。

Imgp2382_

(DA★300mm)

向日葵は満開という状態ではありませんでしたが、近場でそれなりに楽しめました。

やっぱし、午前中がええですね・・・皆さん熱中症には注意しましょう!

2012年7月29日 (日)

鳥枯れの時期、友人から「帰りに滝で涼んだら?」とメール入ったので、寄ってみました。

安芸太田町にある深山峡の深山滝

Imgp8134_

(FA35mm/F2)

深山の滝というのは、呉にもあるそうですね。

くれびとさん、間違えました・・・(^^ゞ

次は深山滝の上にある五段滝

Imgp8152__2

(DA16-45mm/F4)

滝の傍を通ると水しぶきが上がってとても涼しいですが、帰りは汗が・・・とどめは駐車場の灼熱車が・・・(>_<)

 

そして、今日も・・・鳥枯れは続き、結局立岩ダムの傍にある瀬戸の滝へ立ち寄りました。

Imgp1026_

(FA35mm/F2)

滝まではとっても涼しいです。

Imgp1014_

(DA16-45mm/F4)

途中、ライフジャケットにヘルメットを装着したグループに遭遇~

聞くところによると、児童の行事で滝までの沢上りをするとのことで、予備調査のために父兄が実際にトライしているとのこと・・・

瀬戸の滝の下まで到着して「キャッキャ、キャッキャ」。とっても楽しいそうな感じでした。

Imgp0950__2

(DA16-45mm/F4)

しかし、大人でも腰くらいの深さがあるので、小学生となると大丈夫かな?

瀬戸の滝は、上段と下段があり、上の写真は下段です。

Imgp1027_

(DA16-45mm/F4)

上の方の左側に流れているのが上段の滝のようです。

見えにくいので拡大すると、こんな感じ。

Imgp1013__2

(DA16-45mm/F4)

今日も、汗をかきながら帰りました・・・(^^ゞ

たまにはええもんです。

2011年8月15日 (月)

宮島水中花火大会 ~ 撃沈

地元(家の裏の防波堤から遠いですが鳥居が見える)に住んでいながら、宮島に渡って見たのは学生の頃(何十年前か・・・?)の一度だけ。

最近ではアナゴ弁当を買ってビールでも飲みながら、対岸でのんびり鑑賞がほとんどでした。

一度は鳥居をバックに花火を見たいという思いがあったのですが、前日入りして場所取りするのはと思い、長いこと躊躇してました。

鳥居の裏ではなく山側からなら・・・と思い立ち、昨日チャレンジしてきましたが、結果から言うと撃沈です。

まずは、鳥居が見える位置を探し、場所取り。

Imgp7089_

うんうん、鳥居がちゃんと見える。思い立ってから飛び出してきたので、レンズ選びも考えてなかったので広角から標準のDA16-45mmしか持ってきてませんでした。

場所取りしてから眺めていると、もう少し長いレンズがあった方が鳥居を大きく写せたな~と反省しましたが・・・

ここでもっと大事なことは、実は鳥居と砲台(鳥居の左に見えるのが砲台)の位置関係であったことを気付いたのは、花火が上がり始めてからでした・・・(T_T)

Imgp7111__3

辺りはだんだんと暗くなり、早く花火が始まらないかな~と気分が高揚してきます。

Imgp7113__3

そうこうしてると多宝塔の屋根の上にカラスが・・・おおっと今日は鳥じゃあなく花火じゃ~

Imgp7119__2

時間は19:15を回ったところ。花火開始まで後35分じゃ~

いよいよ花火打ち上げ開始~~~~~!

Imgp7134_1


画像を確認して見ると、なぬ!鳥居が見えんぞ!

この程度の光では鳥居がシルエットにもならんわ。拡大してみるとかろうじて鳥居らしき物体は見えてますが・・・(T_T)

原因は鳥居と砲台の距離が遠いことにあります。

Imgp7166__2

気付いた時には、時すでに遅し!

Imgp7175_0

あれでも、明るそうな花火の写真の露出を持ち上げて・・・いやはや。

せめて、サービスにライトアップの光をもう少し強くできんものかとおもっとったら。

Imgp7214_0_2

花火はどんどん終盤に。

Imgp7201_0

結局、フィナーレでのどんぱちでも、ライトアップは夢で終わり、花火終了時点でようやく・・・

Imgp7248__2

遅いわ・・・(^^ゞ

これを花火が上がっているときにやってくれんかな~

ということで、完全に経験不足が露呈しました。

自宅に着いたのは、夜11時前になったのは言うまでもありません・・・(T_T)

追伸)

昨日、一部のマナーの悪い人が再三の注意を無視して鳥居の後ろの浜に降りたことにより、長いこと花火が中断されました。

近くで見たい、近くで撮りたいという気持ちは誰しも同じなのですが、この行動により多く人に迷惑をかけるはめに。

まだ宮島に渡って見ている人は、その説明が聞こえるので分かりますが、対岸で見ている人にとっては、放送も聞こえないので、なぜ長いこと中断しているのか理由も分からないと思います。

気持ちよくみなさんが鑑賞できるよう、ルールは守って楽しく見ましょう!

その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31