M135mm/F3.5

2014年8月15日 (金)

2014宮島水中花火大会

一昨日は二年ぶりに島に渡って、水中花火を撮影してきました。

朝一番のフェリーで渡りましたが、定番ポイントは徹夜組でほぼ一杯の状態・・・(^_^;)

親切なお兄さんのお陰で、何とか前列のスペースに座ることができました。その節は大変お世話になりました・・・m(_ _)m

(この親切なお兄さんは、横浜から来られ、前夜から徹夜でこの席をキープされてました。私の横は三重と滋賀から・・・全国から来られてるんですね~)

さーて、花火が始まるまで13時間くらい待機・・・たまに腰を上げて暇つぶしにシャッターを押します。

Imgp6626_

お目当ての鳥居とコサギ・・・(^_^;)

Imgp6677_

観光客は順番に並んで、鳥居をバックに撮影し合ってます。ここも定番ポイントでしょうか。

Imgp6690_

二年前と比べ、思ったより涼しかったのですが、それでも日が出てくると日傘がないと地獄です。

この日は中潮で、浜のほとんどが潮で浸かりますので、打ち上げまでに観客を陸にあげるのが大変・・・それでもカメラマン達は、最後尾に三脚をセット。

Imgp4014_

最後まで悩みましたが、結局丘から撮影することに・・・(^_^;)

Imgp4032_

綺麗な夕焼けを待ってましたが、期待はずれ。

さあ、いよいよ・・・でも例年そうですが、始まるまでのお姉さんによる説明が長いこと長いこと・・・ようやく花火が上がりました。

Imgp6750_

ここからは説明不要ですね。

Imgp4058_

Imgp6784a_

Imgp4105_

Imgp6732_

Imgp6837_

間近で見る水中花火は迫力満点!

Imgp6822_

白い光は難しいです。

Imgp6838_

Imgp6840_

これがラストのシーンだったか・・・この迫力ある花火を見ると、待ち時間の疲れは吹っ飛びます。

帰りのフェリー待ちは相変わらずうんざりしますが・・・(^_^;)











2013年11月24日 (日)

朝焼けと雲海

雲海を朝焼けで染める光景を撮るべくイメージを巡らせていたが、案の定、寝坊し、足早に現地に直行!

これじゃあ、夜明け前の時間帯に間に合わないかもと、そわそわ運転していると、同じような考えの持ち主(大先輩)が、前方を走ってました・・・(^^ゞ

現地に着くと、既に朝焼けが始まってました。

画角のチェックもできないまま、FA35mmを付けて、シャッターを切り始めた。

Imgp3239_

(FA35mm)

夜明け前から、目の前を小鳥の集団がビュンビュン横切ってましたが、シャッター速度が遅く、亡霊のような絵しか撮れません・・・(^_^;)

もっと広角をと思い、DA21mmを付けた時には、既に朝日の頭が出始めてました。

Imgp2949_

(DA21mm)

う~ん、下の雲海と上の雲が朝焼けで染まってくれると想像していたが、残念!

Imgp3022_

(SP AF90mm)

南側に広がる雲海も染まってくれません・・・

Imgp3033__2

(M135mm)

とはいえ、久々に雲海を見ることができましたわ。

2013年9月23日 (月)

夕景

サービスエリアに食事をしようと寄ったところ、ちょうど夕陽のオンステージが始まってました。

Imgp0045_

(DA14mm)

いや~、夕陽が沈む光景はいつ見ても美しいです!

Imgp0042_

(M135mm)

夕陽が沈んだ後の、トワイライトもまたええです。

Imgp0020_

(FA35mm)

この色が出るので、ペンタを手放せません・・・(^^ゞ

2013年5月21日 (火)

潮干狩りとシギ達

ゴールデンウイークを挟んで、私の家の前の浜辺では、潮干狩りをする人でごった返してました。

今年は、アサリが豊富だとかで、土手は車でイッパイ!

干潟を待っているのは、潮干狩りする人だけでなく、渡りの途中、栄養を蓄えるために立ち寄ったシギ達もいるんですが、そんな事気にする人はいませんよね。

朝早い時は、まだ潮干狩りする人もいないので、シギ達(見えてるのはチュウシャクシギとキアシシギ)の天国ですが、その時間は僅かです。

Imgp8318_

干潟が出始めたとたん、二家族くらいが浜に降りていきました。

Imgp8469_

「父ちゃん、待ってよ・・・」

Imgp8473_

親子の前を飛んでいるのはチュウシャクシギです。

シギ達は、人がいないところを見つけて、こっそり採食してますが、牡蠣棚やイカダに退避していることが多いですわ。

土日はシギ達にとって受難な日のようでした・・・(^_^;)

2013年4月30日 (火)

橋とノハラツグミ(野原鶫)

シギチばかり続くので、間でちょこっと箸休めに・・・(^^ゞ

在庫から、「橋とノハラツグミ」です。

Imgp6627_

(M135mm)

とても愛想の良い子でした。

Imgp6621_

(M ZOOM 80-200mm)

改めて、最初に見つけてくれた方、それから雨の中、根性で再び見つけてくれた方に感謝です。

2013年4月 2日 (火)

石内神原のしだれ桜(3月30日)

花ついでに土曜日はもう一つ、石内神原のしだれ桜の様子も見に行きました。

Imgp6223_

(M135mm)

こちらの方も、まさに満開!

Imgp6214_

(FA35mm)

実は、地元にいながら、初めて見に行きました・・・(^^ゞ

Imgp6224_

(DA21mm)

樹齢は300年を超えてるそうです。こうして見れるのも守されている方のお陰ですね。

Imgp6220_

(M135mm)

見事な咲きっぷりでしたが、花見客で現地の駐車場も満杯で、警察の交通整理も出てくるありさま・・・

Imgp6221_

(M135mm)

やはり、桜は早朝ですね。

2013年2月15日 (金)

手強いの~

この日も朝から午後にかけて粘ったが、結局お目当ては現れず・・・(T_T)

Imgp7264_

陽気な天気のお陰で、顔だけは真っ赤っか・・・(^_^;)

Imgp7265_

目を皿のようにして探したが、おるのはセグロカモメ、モンゴルセグロカモメ、カモメ、ウミネコ、ユリカモメ、ズグロカモメ、ツクシガモ、ダイゼン、ハマシギ、ダイシャクシギ。

Imgp7260_

真ん中へんに見えるのはモンゴルセグロカモメ。

それにしても、手強いの~、これで3回連続か、振られ記録更新中ですわ・・・(-_-;)

2013年2月14日 (木)

米塚の夕景

日が沈むまで粘ったが、本命には出会えず・・・

意気消沈の帰り途に見た、綺麗な夕景が慰めてくれました。

Imgp7241_

(D FAマクロ50mm)

拡大してみたら、わかりますが、夕日の右上方向に飛行機が写りこんでました。

Imgp7240_

(M135mm)

一瞬で終わりましたが、グラデーションがとても印象的じゃった。

2013年1月21日 (月)

夜明け前と船の明かり

K-5IIsを購入してからは、ちょっとした風景でも目に留まるようになってきて、思わず短いレンズを出して、撮影しています。

今回は、自宅裏の御手洗川河口から見えた船の明かりです。
 
夜明け前の青白くピンク色の空、それを映しこんだ海、点在するカモの群れ、その向こうには船の明かりが怪しく光っています。
 
Imgp0134_
(D FAマクロ50mm)
 
船の明かりをもう少しアップしたかったので、135mmのレンズで切り取りました。
 
Imgp0133_
(M135mm)
 
ただ、それだけの風景ですが、こんな風景でも美しいと思えるようになってきました。
(それにしても、このM135mmはよく写りますわ・・・)

2012年12月31日 (月)

牡蠣競争 ~ ズグロカモメ(頭黒鴎)

今日で大晦日。

歳をどんどんとる気がして少々さびしいですが、それぞれにとって良い年でありましたでしょうか?

今年も、色んな野鳥との出会いがあり、振り返ってみると総じて充実していたな~と、感じています。そりゃ~何回出向いても振られた野鳥もいましたよ。

でもそれが自然であり、野鳥観察の面白いところでしょうか。

そんで、最終日にタイトルのシーンもどうかな?とも思いましたが、ここが一番地元らしい光景なので、昨日様子を紹介します。

私の住んでいるところは、牡蠣の養殖が盛んなところで、冬場は書き入れ時になります。牡蠣打ち場の直ぐ近くには、牡蠣ガラ捨て場があり、それにユリカモメ達が群がってきます。

その(ユリカモメの数はゆうに600羽以上おります)中に、ズグロカモメが3羽混じってますが、体が小さいわりに負けてませんね。

最初は仲良さそうに並んでましたが・・・

Imgp7957_

徐々にテンションがあがり・・・

Imgp7960_

ええかげんにせ~よ~と、爆発しました。

Imgp7964_

そして、牡蠣ガラに残っていた牡蠣をうまいことゲット!

Imgp7969_

ズグロカモメは、干潟でカニを食べるのが殆どでしたが、牡蠣を食べてるのは初めて見ました。

Imgp8018_

(M135mm)

Imgp8514_

(DA★300mm)

今年も大変お世話になりました。来年も皆様にとって良い年でありますように!

(最後もカモメで締めた・・・)

その他のカテゴリー

125SD | 50アクロ | APO 50-500mm F4.5-6.3 DG | BORG77EDⅡ | D FAマクロ50mm | DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW | DA14mm/F2.8 | DA16-45mm | DA21mm/F3.2AL Limited | DA55-300mm | DA★300mm | DR-07MKⅡ | FA35mm/F2 | K-01 | K-3 | K-5 | K-5IIs | K20D | M ZOOM 80-200mm | M135mm/F3.5 | M50mm/F1.7 | M★67 400mmF4 | Q | SP AF28-75mm F/2.8 | SP AF70-200mm F/2.8 | SP AF90mm F/2.8 | ぶらぶら | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカアシチョウゲンボウ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アジサシ | アトリ | アネハヅル | アマサギ | アマツバメ | アメリカウズラシギ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アラナミキンクロ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イナバヒタキ | イヌワシ | イワツバメ | イワミセキレイ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾセンニュウ | エゾビタキ | エナガ | エリマシシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカラモズ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオチドリ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オガワコマドリ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オニアジサシ | オバシギ | カイツブリ | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラアカハラ | カラアカモズ | カラシラサギ | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カリガネ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キョウジョシギ | キレンジャク | キンクロハジロ | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマタカ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシジロオオソリハシシギ | コジュリン | コスズガモ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コホウアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シマアカモズ | シマアジ | シマセンニュウ | シメ | シラガホオジロ | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | ズグロチャキンチョウ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハクセキレイ | ハシビロガモ | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリオアマツバメ | バン | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメウ | ヒメコウテンシ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ブロンズトキ | ヘラサギ | ヘラシギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホイグリンカモメ | ホイグリン系カモメ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホタル | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロツメナガセキレイ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマシトド | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モウコアカモズ | モズ | モンゴルセグロカモメ | ヤイロチョウ | ヤツガシラ | ヤドリギツグミ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウサンショウクイ | ルリビタキ | レンカク | ワキアカツグミ | ワシカモメ | 動物 | 夜景 | 天体 | 情景 | 昆虫 | 書籍 | 柴犬 | 機材 | 自転車 | | 花火 | | 野鳥 | 風景 | 飛びもの | 鳴き声

カテゴリー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31